2014-06-28

文殊さん定期報告 26

今日、6/28(土)で工事28日目。
今日は、陸と海と両方から変わりはてた穴文殊を拝むことができました。
いつもの本堂裏からはついに刈り尽くされたレーダー用地の姿が、海からは崖際の松がむしり取られてむき出しになった穴文殊の姿が目に焼き付きました。
文殊野の崖際には打たれた杭(杭はどうも文殊さんの松というより外から運ばれてきたもののようです)の列に柵が作られていました。
昼間の工事中で、重機が動きプレハブ前には何台も車が駐まっていました。

昨日報告した「宇川基地問題連絡会」には宇川各層からの方々が参加され、7月には宇川の区長会傘下の団体として発足という予定のようです。
一方、偉い方々が集まる「基地問題連絡協議会」は、米軍、防衛省、府、市、府警、自衛隊、自治区(宇川と間人の連合区長と事務局長)、消防の8者で構成され、レーダー搬入月の10/1より正式発足して(それまでは準備会)旧宇川中学校校舎に入る予定とのことです。

いよいよいろんなところで声を上げていかねばなりません。

6/28(土)昼

Original post in Facebook