2014-07-09

文殊さん定期報告 34

台風は九州とか、今朝はどんよりとした空、相変わらず蒸し暑い

昨日7/9(水)で工事37日目。
文殊野の土山が終に全部無くなりました。
この土の運び先は、依遅ケ尾山の峠の谷でした。平(へい、地区名)から宇川に沿って遠下(おんげ、地区名)まで行き、そこから急な山道を上り切ったところです。
こんなとこに捨てて(?)いたとは・・。
⒌台のダンプの出入りで、現地前の国道は痛みが酷くなってきました。
敷地用のバラスのたぐいが増えてきました。

夜間通行禁止の経ヶ岬先の国道の工事は落石予防工事です。

防衛局と市の回答のとりまとめが遅れていますが、何とかまとめて、次のアクションに入って行きたいと思っています。
くびれ地の件は時間がかかるかも知れません。

京都府警にいろいろとお聞きしたいことがあるのですが、これも具体化したいと思っています。
府警の方々は住民の安全のために来ていただいているのに、基地の工事現場の警備に来ておられると勘違いされておられる節もあって、とても気になっています。

7/10(木)朝

Original post in Facebook