2014-07-23

文殊さん定期報告 45

昨日7/23(水)で、工事は48日目でした。

崖先、洞窟直上の削岩作業が続いて砕かれた岩石が山となっています。全体を削り下げてグラウンド状にするつもりのようです。
防衛局や市が何か行動を取った形跡は、工事現場からはおよそ無いように思われます。
「我々は一切関知できない」という桝賀さんの言われる状況を地で行くようです。
文殊野の丁張・造成が急ピッチで進んでいます。

宇川での軍属居住地の件ですが、やはり住民無視で確実に動いているようです。
昨年9月に市が防衛省に出した要望書にはその7項目目に「米軍関係者の施設・区域外における居住地の選定にあたっては、地元区、地元自治体の意向を踏まえ、適切・丁寧な手続きを確保すること。」となっています。このことを全く無視しての居住地の選定行為です。
許されることではありません。市に確認を確認をしなければなりません。

今朝の府警さんは、「お参りですか」の一言だけでした。

7/24(水)朝

Original post in Facebook