2014-08-04

文殊さん定期報告 55

昨日8/4(月)で、基地工事58日目でした。

穴文殊先には相変わらず、7台の重機(削岩機3台、ショベル3台、転圧ローラー1台)が居座って砕いた岩の山を作っています。
SF映画に出てくる巨大な蜘蛛の化け物のようです。
どこまで壊したら気が済むのか・・。

「憂う会」のビラ15号の原案を丹後町版と全市版に分けて、昨夜何とか作りました。皆さんにこの惨状を一日でも早く知らせたい。

盆前になって工事現場付近の墓地の清掃が進んで来ました。
道端のお地蔵さんにも新しい赤い前垂れがかけられ目に鮮やかです。その隣には工事のカンバンと墓地への「関係者以外立入禁止」の立て札が足っています。

今朝はどういうわけか府警さんが出てこられませんでした。交代の時刻にちょうどはまっていたのかも知れません。

8/5(火)朝

Original post in Facebook