2014-08-07

文殊さん定期報告 58

昨日8/7(木)で、基地工事61日目。

穴文殊先に仕上げ(?)のバラスが運ばれてきました。掘り返しや削岩も相変わらずです。
 
今朝は4日ぶりに「お参りですか?」と若い府警さんに聞かれました。「そうです。」というやりとりだけでした。

思えば昨日(8/7)は昨年宇川小学校での4回目の説明会が持たれ、市長が圧倒的な批判にさらされた日でした。この日にはじめて出会った方々とこの1年いろいろとやらせていただきました(このHPもその一つです)。
それ以後、住民への説明会は今年の4/16までなく、それ以後はご存知のように基地の工事がやられるだけという状況です。

この痛快ともいえるお上の一貫したやり方に、ある種の感慨を持ちます。
同じやり方が沖縄の辺野古や高江で権力の暴力となっています。

それに対峙してこの地で何ができるのか、と思いながらのお参りです。
明日は長崎の日、15日は玉音放送の日になります。

8/8(金)朝

Original post in Facebook