2014-08-11

文殊さん定期報告 61

今日8/11(月)で、基地建設工事64日目。
今日は月曜ですが、休暇中ということで生の工事現場を見せていただき(当然外から穴文殊の風景として)、普段行きたくても中々行けない所へいろいろ行って写真を撮ってきました。
文殊さんは崖先の削岩・掘り込みを今日も熱心にやっておられます。最初の面から2mくらいは削っているように思われます。

行きたくても中々行けない所というのは、①最近は削岩した岩も捨てているのではと思われる依遅ケ尾山の土捨て場、②袖志の棚田の先からの穴文殊、➂経ヶ岬からの穴文殊、④此代の集落の上からの丹後松島、⑤筆石の上からの屏風岩、竹野海岸、⑥平の自衛隊官舎跡地などです。
とにかく日々姿が変わっていくのに誰も残してくれそうにない(京丹後市にはその気が全くなし)ので、愛用の安いデジカメで撮りまくって来ました。
テレビなどの取材が最近は何もないのですが、現在進行形の在日米軍基地建設というのはそんなに映像の対象として価値がないのだろうか、と素直に思います。搬入の時にはやって来て、また取って付けたようなニュースを流すのでしょう。
集団的自衛権に踊らされるマスコミですが、その最前線を撮らずして何を残すのかと思うのですが・・。

8/11(月)夜

Original post in Facebook