2014-08-23

文殊さん定期報告 68

昨日8/22(金)、今日8/23(土)と基地工事は予定通り(?)やられて、今日で71日目。70日を越えました。
工事の週間予定表は公表を差し控えたようで、いまだに盆休みのまんまです。

崖先での施設基礎工事が進んでいます。
今日、崖先に僅かに残っていた松の木の一番大きいのが工事のために枯れてきているのが分かりました。
これは、「敷地外の松の木には一切影響を与えない」と言っていた米軍の重大な約束違反です。
文殊野もあちこちで工事をしています。鉄筋が立ち始めた施設は何になるのか、予定図では発電施設のあたりなのですが、何だか形が違うようだしと思ったりもします。

今日は朝のお参りと昼頃に大阪の皆さんの参拝ツアーの同伴解説と二度お参りさせていただきました。
昼に行くと朝は光線の加減で分からなかった事も分かるようで、松の木の立ち枯れてきているのに始めて気がつきました。
すごくショックでした。
府警の方は昼の時どこからともなく二人現れて、参加者の方に「どこから?」とか「何を?」とか「いつまで?」とか穏やかに聞かれたようです。
午後には若い方々が五・六人炎天下の基地ゲート前に並んで「米軍基地ノーサンクス」というスタンディングアピールをしておられました。
京都市内とか遠方からの人たちが多いようで、勇気づけられるアクションでした。
「通る車が手を振ってくれたり、クラクション鳴らしてくれたり反応はいいですよ。」とのこと。

九品寺は明日のお祭りに向けての準備が進んでいます。本堂のを覆っていた鎧扉が取り払われて前半分が素顔を見せています。
明日の祭は、工事関係の企業からの協賛金なども多いだろうし、例年に増して派手になるのではと思います。

19:00からイベントは本番ということですが、来られる方は早めに来て是非崖先(枯れてきた松)や工事現場を見て下さい。

8/13(土)深夜

Original post in Facebook