2014-09-01

文殊さん定期報告 76

昨日9/1(月)で、基地建設工事は78日目。

九品寺境内と工事現場の境界の金属製フェンスが、オレンジ色のネット(向こうが透けて見える)に変えられてきました。
警備上(軍事上?)の理由からということでしょうか・・。
今週の工事予定表では、「本設フェンス」と「ユーティリティー地下埋設部」というところに線が入っています。

崖先の工事はドンドン進むという感じ、ドリルをつけた重機がいろいろとやっています。崖先への坂道の拡幅準備にも入ったようです。

文殊野には電柱が全体に5本ほど立って、あちこちでとにかく色々とやっています。鉄筋の林は高くなり、掘り返す所も拡大しています。土や資材を積んだダンプがとにかく宇川の国道を走り回っているということです。

今月の言葉が新しくなりました。「袖すりあうも他生の縁 つまづく石も縁の端」という玄妙なものです。
昨9/1(月)より、市の「基地対策室」が旧宇川中学校校舎に入りました。かつての職員室に入っておられるようです。

9/2(火)朝

Original post in Facebook