2014-09-08

文殊さん定期報告 82

昨日9/8(月)で、米軍基地県設84日目。

昨日は午前中に海から文殊さんを見てきました。
崖先は土の部分が本当にペラペラにされ、その上から更に削岩機が岩を砕く音が海上にも聞こえていました。
名残の松の枯れ具合はやはり絶望的です。
文殊野全体の工事も活溌で、基礎打ちのコンクリートを送る長いパイプが弓状に海からも見えました。

崖先への坂道の拡幅も始まりかけているようです。
文殊野の建物は、大中小5つという感じです。

夕方、宇川中学校校舎に入った「基地対策室」と「現地連絡所」に表敬訪問に行って来ました。連絡所長さん、「枯れた松は松食い虫です。工事とは関係ありません。専門家がそう言っていました。」とのこと、スゴイ言葉が出てきました。米軍人軍属の交通関係の違反事故の行政罰は基本的にない(免許が違うので点数とか免停免取ということはできない)という宿題への回答もいただきました。日本環境管理基準を日本側の意向でやられていなかった件については、ここでは分からないということ。
「基地対策室」長は、憂う会の緊急質問へは近々回答する。文殊さん破壊の件は問い合わせている。居住地等のことは分からない。京都新聞の記事は読んでいるが・・・。と例によって問題意識きわめて低し。

両者の話から、9月下旬に米軍関係者が70人ほどやって来て、峰山のホテルへの居住が始まる。この人たちへの研修会が9/30(火)~10/2(木)の3日間、間人の地域公民館でやられるとのこと。
いよいよ大挙してということになります。
レーダーの搬入日程は、口を揃えて「分かりません。知らされるかどうかも含めて・・。その方法や経路なども全く・・。」とのことです。

夜はきれいな満月(中秋の名月?)でした。

今週の工事予定表は上から4本真っ黒の線です。

9/9(火)朝

Original post in Facebook