2014-09-14

文殊さん定期報告 87

昨日9/13(土)で、米軍基地建設工事89日目。

今朝も府警のお二人といろいろお話をしました。
いよいよ90人も向こうの方が来られるので、あなた方には本来の仕事(現地住民を守ること)をしっかりやってもらわないと・・、というと「へー、そうなんですか?」というようなことでした。
軍人軍属の方々の事故のこと(違犯しても点数も免取も免停も何もない)などを話題にすると、「らしいですね。」というような返事も返っていました。
「あなた方の上の方は、それで同等の扱いと言うんだけど、おかしいでしょ!」と言うと「はあ・・」というようなことでした。
府警の方々にはしっかりとそのあたりの教育もやっていただかなければなりませんし、府警はこの件だけでも住民説明会をやる義務があります。ずっと無視されてますが、住民の安全安心の最前線がどうなるのか明らかにしてもらわなければ国も府も約束違反です。

工事の方は、崖先の削岩が一通り終わったような感じで、スロープの淵の部分の舗装準備や広っぱに真砂土状のものが敷かれたりという事をしています。坂道の拡幅補強も進んでいます。
文殊野は大きく5つくらいの建物の基礎をそれぞれに進めています。速いものは鉄筋コンクリートの壁の型枠が外されたくらいです。

今日(9/14(日))からの新しい工程表が張り出され、今日明日と次の日曜も含めたぶっ通しの予定が示されています。その連続工事の通告表も出されていました。天候不順で工事が遅れたから5日間は休日返上の仕事だという理由も書かれていますが、天候不順よりも、崖先の岩盤が強すぎて(だから希少な地形として残ってレッドデータに登録されている)削岩に時間がかかった(これで一週間遅れたとか・・)ということです。

工事に当たっての約束の2項目目に、日曜祝日は工事をしないと宣言されていましたが、紙切れ一枚で一方的にこれが反故にされています。こういうことを平気でやって、「信用して下さい」と言われる。できないですね。こんなことの繰り返しでここまで来ました。今後のことも推して知るべしです。

今日は一日丹後半島ウルトラマラソンです。基地予定地前の道は走路には入っていませんが、碇高原→上野→間人はそのコースでここを何百人も走ります。今日の工事の詳細は知りませんが車両などとの関係が気になります。

今日はまた、袖志の棚田の稲刈りに学生さんとか多くが参加されるとも聞いています。米軍基地建設を眺めながらの稲刈りとなります。

9/14(日)朝

Original post in Facebook