2014-09-26

文殊さん定期報告 100

昨日9/26(金)で、米軍基地建設工事101日目。
報告も100となりました。

昨日やって来た発電ユニットと思われる2つの大きな白い箱は、300tクレーンによってしっかり予定の場所に据えられました。
崖先の200tクレーンは場所をまた変えて、坂道を仕上げる大型L字溝据え付けに使われているようです。

因みに、この二つ大型クレーンは野洲サルベージという滋賀県の業者のようですが、海のない滋賀県に沈没船関係の業者があって、それもタイヤ付のクレーンを持っているといのはどんな経緯なのかと思ったりします。

このL字溝が完成すると坂道は道と言うより広場のようになります。

崖先の管理棟の整地は進んできています。広っぱの方はマルキの大型クレーン(?t)が頑張っています。
国道脇の資材置き場には様々なものが運び込まれていて用途はよく分かりません。奇妙なコンクリートの箱やでっかい巻物も新しく加わりました。

今朝も早朝より資材などを積んだ大型トラックがやって来て、国道のあちこちにゲートが開くのを待っています。香川ナンバーとか岐阜ナンバーとか、遠方からのものが多いのに驚きます。

昨日夕方、基地対策室から8/1の緊急質問への回答を渡したいということで代表と事務局長で受け取りに行って来ました。回答の詳細な検討はその場ではできませんでしたが、従来通りの見解を繰り返しておられるという印象で、はやりズレた回答が多いようです。

その場で現在のこととして、①やって来られた軍人軍属、特に70名の軍属さんはどこでどんな仕事をしておられるのか(フリーの状態なのか)、②警察は具体的にどのような動きをしておられるのか、③日曜祝日の工事は明かな約束違反だが、市は防衛に何か抗議でも言われたのか、というようなことを室長さんにお聞きしました。
①については掴んでいない、②は向こうで考えてやっておられるでしょう、③は特にしていない、というようなお答えでした。
そんなことではイカンでしょう、しっかりやっていただきたいと強く要望をさせていただき、「そうですね」というようなことでした。特に③の日曜祝日の工事には、黙っているとまた追加を言ってきますよ、遅れるのは向こうの事情でこちらがそんなことに合わす必要は全くない。毅然として約束の履行を求めていただきたいと強く要望しました。

明日は久僧での集会です。良い天気になってくれることを祈ります。

秋風に咲くコスモスも基地の中 隼次郎

9/27(土)

Original post in Facebook