2014-10-10

文殊さん定期報告 118

昨日10/10(金)で、米軍基地建設工事は115日目でした。

レーダー大屋根の骨組みが増えて、ビッグケージという感じになってきました。文殊野側に大きな風抜き(?)のファンが3つ付きました。このケージは経ヶ岬からもよく見えるほどデカイものです。
今度の台風の風には大丈夫なのかとも思ったりします。

このスペースには「レーダーとその関連のモノを置く」とだけ、かつて(4月の説明会)M氏は説明しました。この大屋根の事は一言もそこにはありませんでした。
「景観に配慮した建物」ともとても思えません。

また、M氏は小さい方の管理棟2つは、プレハブだとも説明しましたが、坂下のそれは地下室を伴う本格的な鉄筋コンクリートの建物です。工事のやり方の約束もそうですが、4月の説明会で公言したことと全く違うことが日々この基地建設現場で起こっています。
こういうことをやりながら、「安全安心を確実に」などとよく言えたものだと思います。

オレンジのネットに沿って九品寺側に本格的な金網が作れてきました。東側の金網はほぼ繋がったようです。
大きな管理棟に足場が組まれ、コンクリートの木枠が立ってきました。現場全体が日々それこそ戦場のようです。

今朝は本堂裏で向こうの軍属の方に声をかけられました。何者かというような感じだったので、ここの人間だと拙い英語で答えると、そうか(オーケー)ということで、それ以上は何もありませんでした。
警察の方々は軍属の警備が始まってからは、あまり出て来られなくなりました。心配ないと判断されてのことなのでしょう。

宇川は今日明日と秋の祭です。
13日の運動会は台風を見越して早々に中止となりました。
安全安心が第一だからです。
安全安心の確保がきわめていい加減なこの基地建設も、中止とすべきです。

10/11(土)朝

Original post in Facebook