2014-10-25

文殊さん定期報告 138

昨日10/25(土)は、米軍基地建設工事130日目、レーダー搬入5日目でした。

前回報告の冷却機は間違いありませんでした。
やはり隠密裏に未明の3時頃運び込まれました。
トレーラー3台がセットでした。

前回の時うるさくて寝られなかったという国道カーブの方が、「次回やるときは事前に言ってくれと連絡所に申し入れて、よく分かりましたということだったのに、今回も全く無視された!」と怒っておられます。
何回電話をしても所長が出ないとのことです。

「現地連絡所」も「基地対策室」も、住民に寄り添う(桝賀氏の弁)どころか、こういう典型的なお役人仕事しかされません。

搬入された冷却機は早速緑のケージに収まったようで夕方には姿が見えませんでした。

倒された松の木はそのまま放置されています。
処分はしたくてもできなくなったのかも・・。

文殊野はあちこちの金網の整備と建物の作業、それにコンテナの運び込み、機材の搬入などが同時並行で進んでいます。
発電機(おそらく複数)が24時間でうなりをあげ、九品寺参拝にはきわめて大きな騒音になっています。
工事の騒音対策は約束の一つなのですが、何かやっているという話を一度も聞いたことがありません。

緑のビッグケージですが、経ヶ岬から見てもやはり異様です。
格好の標的とも思われます。

今日は工事・作業が久しぶりの休みか・・、7時を過ぎても発電機以外の音は聞こえていませんでした。

丹後連絡会は今日(10/26)午前11時より峰山のマイン前でレーダー搬入に抗議する宣伝行動ビラ配り(ビラは「憂う会」の16号)をやります。可能な方はご参加を。

また、本日京都市の教育文化センター(おそらく会議室のどこか)で、高校教研が行われ、伊藤真さんの憲法講演と「憂う会」からの米軍基地現地報告が予定されています。伊藤さんが14時から、「憂う会」が16時からです。Nが報告します。どなたでも参加可能です。聞いてみようかと思われる方は是非おいで下さい。

10/26(日)朝

Original post in Facebook