2014-11-10

文殊さん定期報告 153  

昨日11/10(月)で、米軍基地建設工事146日目。レーダー搬入21日目でした。

思えば、昨年小野寺前防衛大臣がヘリで文殊さんへ乗り込んだのが11/9(土)でした。あれからちょうど1年が過ぎました。
崖先にも文殊野にもあの頃の面影は全くなく、小野寺氏が記帳された時の九品寺の静けさは今や願うべくもありません。

例の事故の電柱の工事がやられています。
新しい電柱がそばに立てられ、壊れたのと2本並んでいます。どれだけズレたのか2本を比べるとよく分かります。
この事故を葬り去ろうとしておられますが、そうはいきません。

工事の方は相変わらずの激しい騒音の中で進められていますが、シートなどに覆われて施設内のことはよく分かりません。施設内での2次3次の金網など防御的なものがどんどん増えているということが目立ちます。
文殊野の海側は施設建物が密集してきました。
緑のケージへの坂道は真ん中に新しい金網が通るようです。
国道脇袖志側の機材置き場はコンテナ、木箱、照明器、発電機など様々なもので溢れかえっています。

菜園の大豆と小豆が無事収穫されています。
風で少し斜めになっていた緋鯉のポールもまっすぐに直されてその主も元気です。

11/11(火)朝

Original post in Facebook