2014-11-15

文殊さん定期報告 157  

今日11/15(土)で、米軍基地建設工事151日目。レーダー搬入26日目でした。

天候は三日続きのウラニシ。荒れもようでした。

工事は崖先も文殊野も進んでいます。騒音はどちらも変わりません。特に目に見える変化は、電柱のナイター設備がどんどん増えていることと、設備の塗装が白から様々な色合いの緑に変えられてきていることです。緑の色は景観への配慮ということなのでしょう。

レーダー本体は、経ヶ岬から見るとあの潮風の中もやはり緑のケージの外に出されています。
また、この緑のケージが犬ヶ岬のパーキングからもよく見えます(ジオパーク更新の横幕のむこうに)。
目には見えないけどあそこから強烈な電磁波が出されるのです。ひょっとしたらもうでているのかも・・。

11/12に「憂う会」が出した質問状が、防衛局経由でオルブライト司令の許に届いているのか確認できません(電話をしても出ないし)が、米軍の方々は防衛局の人ともいっしょに、今朝袖志の浜の清掃活動をしておられました。
宇川住民としては複雑な気持ちです。米軍にも防衛局にも袖志しか念頭にないようです。正直と言えばそうなんでしょうが、それでは通らない。質問状をどうしてくれるのか。

明日は良い天気になりそうです。
近畿高校駅伝があります。
それともジョイントしながら弥栄の「あじわいの\郷」で午後1時よりキッサコのライブ公演があります。例の「人」という歌の披露もありそうです。聞きに行こうと思います。何かおもしろい企画があるかも・・。興味のある方は是非どうぞ。

11/15(土)夜

Original post in Facebook