2014-11-16

文殊さん定期報告 158  

昨日11/16(日)で、米軍基地建設工事152日目。レーダー搬入27日目でした。

昨日は久しぶりに丹後の空も晴れました。
文殊さんの工事は、日曜日でしたが、やはり米軍関係の作業員がいろいろとやっておられました。文殊野の電柱にほとんど夜間ライトが取り付けられました。
各施設は緑色に塗られていくようです。その中でクリーム色のハウスだけが目立つ感じもします。この色は砂漠用の迷彩色だそうです。

夕方暗くなる前に経ヶ岬の山頂に行ってみました。遠いですが、崖先の緑のケージの裏側がよく見えました。レーダー本体より海側にコンテナや自動車が何台も駐められています。
レーダーの電磁波の周辺後方への影響を防ぐ壁を作るようなことを、かつての説明会で防衛局が言っていたような気がしますが、そういうものが作られている気配はありません。

11/14(金)に宇川の基地問題連絡会(2回目)が開かれ、出席した岩崎「基地対策室」長と大村副市長に対して、メンバーの皆さんから厳しい意見が出されました。①市の安全安心連絡会に宇川の代表が入っていないのは何故か、②事故の詳細はどうなのか、何故言えないのか、③工事の約束はどうなった、④米軍が勝手に子ども達の所に出てくるのはよくない、⑤そのくせこちらから連絡のしようもないではないか、⑥電磁波の調査はあんないい加減でいいのか、⑦居住地の問題のその後はどうなった、などです。これに対し市からは、①に今後検討の余地あり、⑦に宇川は完全になくなったというような言葉があっただけで、他についてはどれもまともな回答なしということのようです。情けない話です。
これらの質問の多くは先日出した「緊急質問」に含まれていますので、会としてもとにかく追求をしていきます。

沖縄の知事選挙は、辺野古基地反対の翁長さんが現職の仲井真さんを10万票の差を付けて圧勝(36万vs26万)。嬉しい知らせです。沖縄の人たちの思いが爆発したのだと思います。米軍基地というものがどういうものかを沖縄の方々は身を以て分かっておられるということです。
振り返って、この宇川、京丹後では、今そのことに始めて直面しています。

今週は18(火)と19(水)に議員懇談会です。
別に要項を上げましたので一人でも多く参加していただいて、特に米軍関係者の事故(第2だけでなく、第3の事故も起きたと聞きます)のことなどはしっかり議員さん方に確認していただきたい。先日上げた「憂う会」からの緊急質問なども参考に使って下さい。

11/17(月)朝

Original post in Facebook