2014-11-20

文殊さん定期報告 162  

昨日11/20(木)で、米軍基地建設工事156日目。レーダー搬入31日目でした。
11月も下旬に入ってきました。今年もあと僅かです。
今朝の気温は7度、文殊沖はべた凪、きれいな朝焼けでした。
この騒音と不気味な施設が無ければどんなにすばらしいことか。

崖先のスロープが整ってきました。
ただ、洞窟のほぼ上に当たる場所に大きな穴が掘られて何やら埋設作業が進んでいます。
ケージへの坂道も整備されてきました。
文殊野の施設はそれぞれ着実に工事が進んでいます。中央部はクリームハウスを中心になにをやっておられるのか全く分かりません。
騒音は相変わらず強烈です。冷却機も止まっている時がありません。イコール電磁波を出しているということなのでしょう。調査をしなければならないと思います。

今日は「消費税を上げるため」という大義名分(?)のもとで安倍首相が衆議院の解散をするとのことです。アベノミクス、対中対韓外交、集団的自衛権、沖縄の米軍基地問題、原発再稼動、労働法制の改悪、特定秘密保護法など我々国民の平和と生活を破壊するあらゆる政策が悉く失敗していることを、事もあろうに失敗の象徴である消費税増税に紛れさせ、自らの責任を全部国民に転嫁して衆議院の解散とは・・。
例によって口ではサギまがいのこと(雇用が増えたとか賃金が上がったとか、問題はその内容のなだが)を言っておられますが、要は内閣改造以後の閣僚の不祥事連発、沖縄知事選の大敗、GDPがマイナス1.6%と立て続くハードパンチに耐えかね、このままではドンドン状況が悪くなるので、小選挙区制のマジックが効く今のうちに解散して何とか数を確保しておこうというさもしい目論見が見え見えの解散です。
呆れた話ですが、願ってもないチャンスがめぐってきたということでもあります。

10/27の事故以来、丹後ではいろいろな動きをしてきましたが、府などのレベルでもいろいろとやっていただいています。
11/13には、近畿連絡会の皆さんが府への申し入れ、11/18には大阪の近畿中部防衛局へも申し入れ。11/20には京都府民の会が府への申し入れというようなことを聞いています。
いずれも当局の回答は気のない無責任なものばかり(よく分からない、上に伝えますのレベル)のようですが、宇川、丹後、府、防衛局とそれぞれにしっかりとした事実を突きつけて追求することはきわめて大切です。
それこそ京都では総選挙の大きな争点でもあります。

11/25には京都の研究者のグループ(昨年も緊急声明を出されました)も申し入れと質問状提出を行います。

それぞれの行動の当局とのやり取りなど、またお知らせ下さい。

11/21(金)朝

Original post in Facebook