2014-12-08

文殊さん定期報告 179 

昨日12/8(月)で、米軍基地建設工事174日目。レーダー搬入49日目でした。
今朝は、荒れ模様です。気温は緩んで8度。

昨夜はケージ前のコンテナハウスに久しぶりのイルミネーションが点いていました。昨夜は月がきれいでした。
ケージそばにクレーン車がなくなっていますので、レーダーの位置調整は終わったということでしょう。崖先左の管理棟周辺は相変わらずコンテナ等でごった返しています。
発電機の袖志側に高い(そして分厚い)防煙壁ができたようですが、九品寺側の音は変わりません。
国道沿いの駐車場の敷地が整備されてきました。各建物は内部の工事が進んでいるようです。

今日12/9(火)より、11(木)まで市議会の一般質問です。基地問題については、本日清風クラブの金田議員が「米軍経ヶ岬通信所関係者への安全・安心を築く環境づくりについて」、明日共産党の田中議員が「米軍基地問題について」それぞれ質問されます。質問の内容と市長の回答が気になります。
昨日の「安全安心連絡会」の内容をまだ聞いていないので分かりませんが、それも踏まえて、約束されていた内容はどうなっているのか、それが何もできていない中で本格運用などあり得ないと市長に質していただきたいと思います。

11/12に緊急質問として提出した(まだ回答のない)「憂う会」からの質問状を、参考までに再度下記に上げておきます。 

2014/11/12(水)
 京丹後市長 中山 泰 様

経ヶ岬米軍基地に関する緊急質問 Ⅱ

米軍基地建設を憂う宇川有志の会

 去る10月21日に経ヶ岬の米軍基地にXバンドレーダー本体が搬入され、翌10月22日には基地の部隊(「第14ミサイル防衛中隊」)が正式に発足しました。その22日に「米軍経ヶ岬通信所設置に係わる安全・安心連絡会」も発足したと聞いております。
 ところが、Xバンドレーダー搬入前後より、米軍基地建設の前提であった「住民の安全安心の確保」対策が実行されるどころかその約束が反故にされる事態が続出し、部隊発足から1週間を経ずして強く危惧されていた米軍関係者による重大な交通事故まで発生している状況です。
 これらについて、問い合わせ、申し入れをしても市当局には十分な対応をしていただけません。現地住民の不安と不信は募るばかりです。最近起こっている住民の安全安心に係わる由々しき事態について事実関係の確認と質問を行います。
 市長の誠実で早急な回答をお願いします。

1,10/27に発生した交通事故について

① 10/27(月)未明、米軍基地関係者が弥栄町で電柱に激突するという自動車事故が起きました。電柱は根元からヘシ折れて溝へずれ込み、車は大破。それでも京丹後警察は軽微な自損事故として公表しておりません。市は基地司令官に申し入れをしたと聞きますが、私たち住民には何の説明もありません。「事件事故の防止には万全を尽くす」という従来からの約束があるにも係わらずこのような事が起きたのは誠に遺憾であり、私たち住民はとても安心して暮らせません。市長はこの事故についてどのように考えておられますか。

② この事故は、どういう立場の方が、どういう事情で起こし、どのような処分を受けたのか、再発防止に向けどういう事をなされるのか、今後万一住民に被害を与えるような事件事故が起こったなら、どのように対処されるのか、それぞれについて市は米軍よりどのような説明を受けていますか。

③ この事故は、軌道が少しずれていたなら民家に激突し市民に直接の被害を及ぼすような事故でした。市は市民全体に対し②にあげる内容を明らかにすべきと考えますが、説明会等を開く予定はありませんか。ないのであるなら、それは何故ですか。

2,基地建設工事について

④ 米軍基地建設工事に対しては、穴文殊の景観保全に万全を尽くす、通勤時間帯は工事をやらない、日曜祝日は工事をやらない、騒音対策を行う、工事時間は6:30から18:30の間、工事車両は国道側ゲートから出入りする、などの約束が事前になされていました。しかし、10月以降それらの約束がほとんど無視される事態が続いています。市はこの状況をどのように捉え、どのように対処されてきましたか。

⑤ 特に10月の祭以降、やらないとされていた日曜祝日の工事・作業が、米軍作業者を中心にずっとやられています。また18:30までとされていた作業時間も無視されて夜間もやられています。これらは明かな約束違反であり、住民への背信行為ですが、市はどのように考えておられますか。

⑥ 九品寺本堂裏崖先の基地敷地外にあった松の木が、10月下旬に切り倒し処分されましたが、その理由と、取られた手続きを市はどのように聞いておられますか。

⑦ 基地建設の中で、崖先の巨大な緑色の建物など、当初防衛局から示された計画にない施設・建物がいくつも作られています。その理由と内容を市はどのように聞いておられますか。

⑧ 10/25(土)より、レーダー専用発電機が24時間ぶっ通しで動き始め、騒音が近くの住民を悩まして多くの苦情が出ています。また、九品寺の参拝者にも苦痛を強いています。更に、11/4(火)頃よりレーダー施設からの騒音もこれに加わりました。市はこの状況をどのように考えておられますか。騒音の調査は現在どのようになっていますか。

3,環境問題について

⑨ 電磁波の事前調査が行われていますが、その方法(海上の調査場所は適切なところではないなど)や結果の公表方法(3箇所やっているのに数字が1つしかない、単位が不適切など)に問題が指摘されています。市はどのように考えておられますか。

⑩ 基地の建設が本格化していますが、用水の取水と排水について市はどのように把握しておられますか。排水に係わる調査の現状はどうなっていますか。

⑪ 発電機の稼働によって大量の軽油が燃やされ、排ガスが出されていますが、市はその事をどのように考えておられますか。

4,「米軍経ヶ岬通信所の設置に係わる安全・安心連絡会」について

⑫ 10/22(水)に、「米軍経ヶ岬通信所の設置に係わる安全・安心連絡会」が発足しました。ところが、そのメンバーとなる「地域住民代表」の中に基地地元宇川地区の住民代表が含まれていません。それは何故ですか。

⑬ 10/27の事故や、約束違反の基地工事など、京丹後市民の安全安心を脅かす事態がいくつも起こっています。この連絡会でこれらのことは検討されていますか。されていないのなら、それは何故ですか。

5,約160人の米軍関係者について

⑭ レーダー搬入に合わせて、約160人の米軍関係者が既に揃っていると聞きますが、その内訳(軍人と軍属の人数、軍属はシェネガ社、レイセオン社のそれぞれの人数、それ以外の関係者の数)と現在の居住場所はどうなっていますか。

⑮ それらの方々はどのような形態で勤務をされ、どのような方法で通勤されていますか。

⑯ 約140人の軍属の居住地選定は現在どうなっていますか。基地内に住むとされる軍人の方々は、その後基地外に出て住むことはないのですか。
以上

※質問はいずれも住民の安全安心に関わって緊急を要するものばかりです。回答を11/21(金)までにお願いします。

12/9(火)朝

Original post in Facebook