2014-12-30

文殊さん定期報告 203

本日12/30(火)で、米軍基地建設工事196日目、レーダー搬入71日目。本格稼働5日目。
割といい天気でしたが、穴文殊は風がきつかった。全体に砂が飛んでいるような霞んだ一日でした。 年末の諸用で今日の報告は遅くなりました。

日本側の工事関係は正月休みで基地に人は疎らでした。が、軍人さんの丹海観光バスと技術関係の丹後観光のマイクロクロバスはしっかり出入りしておりました。
ケージからの音はなく、発電機も最低ベースという感じで割と(?)穏やかな音でした。
おそらくレーダーは大したものを出してはいなかったのではと思います。

今月に入って強風で昇天された緋鯉を継ぐ第2号の泳ぎ初めを企画しましたが、強風で来年へ持ち越しとなりました。新春にご期待下さい。

その風のせいで、せっかく昨日の朝復活した週間工事予定表がまた吹っ飛んでしまいました(貼り付けた紙だけですが)。寿命は僅か1日か・・。文殊野の気候を甘く見た構造的欠陥ということになるでしょう。

今年も後一日。この一年を振り返って、簡単に言葉が出てきません。
いろいろとやった、しかし、来るモノは彼らの予定通り、やはり来た。
でも、敗北感という感じはあまりありません。
私たちがやらなければ、彼らは何もしなかったであろうことが明白に山のようにあります。彼らは、私たちがやったことに比例して仕方なく何かをやるのです。それだけはよく分かった1年でした。
来年も彼らにやりたくないことをドンドンやらせましょう。

12/30(火)夜

Original post in Facebook