2015-01-07

文殊さん定期報告 213

本日1/8(水)で、米軍基地建設工事205日目、レーダー搬入80日目。本格稼働14日目に入りました。また寒くなりました。

朝夕の観察だけでは基地の工事の内容はあまりよく分かりませんが、国道沿いの広場の重機の整地作業(新しいコンテナも運ばれてきました)と、2重目の金網の整備・補強が進んでいるのは見て取れます。緑のケージの中やクリームのハウスの中は全く謎です。緑の管理棟、緑の倉庫の中の内装工事も進んでいるようです。発電器は比較的穏やかなときと強烈にうるさい時があります。ですが、止まっている時はありません。

昨日、会の代表から「基地対策室」と「現地連絡所」に昨年来の宿題の「緊急質問」への回答を督促していただきましたが、どちらも「まだ」とのことです。これでは緊急の意味もありません。「拒否する」ということではないそうですが、実質敵に「無視」された状態です。

1/4の報告で今年の基本方向を示させていただいたところ、いくつかご意見をいただいています。
ある方からは、次期市議会議員選挙に「憂う会」からの候補者を考えたらどうかという提案をいただきました。
近畿連絡会からは、昨年と同じように、地元での問題を絞った(事故問題とか)学習会や激励の意味も含めての集会などをやりたいので現地での共闘をお願いしたいという申し入れもいただいております。
ありがとうございます。簡単なものもそうでないものもあると思いますが、今年の取り組みに活かしていければと思っております。

今日夕方、読売テレビのニュース番組「関西情報ネット」で宇川の米軍基地問題が特集されます(「レーダー稼働2週間 選択肢なき集落の葛藤」というタイトル)。12/26の現地抗議行動の後で取材を受けました。どんな内容になるのか分かりませんが、「私たちがありがとうと言える内容に是非して下さい」と強く要望しておきました。可能な方は見てみて下さい。

1/8(木)朝

Original post in Facebook