2015-01-14

文殊さん定期報告 220

本日1/15(木)で、基地建設工事212目、レーダー搬入87目。本格稼働21日目に入りました。今朝は曇り小雨です。とにかく日の出がもっと早くなってほしい。

九品寺側と、国道側の際(きわ)に高さ1mくらいのコンクリート壁が並べられてきました。
国道側の広っぱの工事ですが、このところ何日も何台ものダンプとバックホーンが盛んにかき回していますが、同じような場所で、掘ったり、整地したり、積んだり、混ぜたり、1つの目的の工事をほんとにやっているのかと思ったりします。

騒音は変わりません。

昨夜、この最新の騒音状況を動画で上げました。騒音はどうなってますか? という問い合わせがあちこちから入ってきます。まずこれを聞いて下さいということですが、一晩の内に何と600人以上も聞いていただいたようです。
このHPは基地建設を憂う方ばかりが覗いているわけでもなく、それを喜んでいる方々やしかたないと思っている方々も見ておられるようなので、そういう方にも是非聞いていただきたい。京都府レッドデータブックに登録されている「穴文殊」の状況がこれだということです。丹後の誇る自然、歴史、文化遺産の現況がこうであるということです。地元の方々はこれを四六時中聞かされているということです。
これを当局は「破壊ではない」「調べるほどのことではない」「十分に配慮している」と言い切ってきたわけです。そんなことが通るのか、率直にそう思います。

1/15(木)朝

Original post in Facebook