2015-01-15

文殊さん定期報告 221

本日1/16(金)で、基地建設工事213目、レーダー搬入88目。本格稼働22日目に入りました。今日はいい天気のようです。
今朝はおられませんでしたが、このところ府警の警備がとても熱心で、お参りにずっと付いて回ってくれます。ありがたいとは思いませんが、ご苦労様です。くどいことはあまり言われなくなりました。相手によりけりかも知れませんが・・。

工事の方は、国道側の土木作業が目立ちます。相変わらず熱心にやっています。コンクリートの側壁は東側までしっかり並んできました。
崖先は同じような状況です。騒音は変わりません。
ウーンという騒音は経ヶ岬でも聞こえていました。

昨日午後経ヶ岬(基地ではなく本当の経ヶ岬)の近くで事故(心中事件?)があって、パトや救急車が出動し、ドクターヘリがまた飛んできました。経ヶ岬の駐車場に降りたとのことです。停波手続きが取られたと言われていますが、その時に発電機やレーダーサイトの騒音は止まったのかどうなのか、それが分からないとあまり信用する気にはなりません。
午後3時頃のこととのこと、どなたかそのあたりを分かったらお知らせ下さい。

昨日、丹後町の新聞に「憂う会」の17号ビラが折り込まれました。昨年のレーダー搬入以来のことを詰めて書いたもので、文字が多くて恐縮の一作ですが、おそらく昨日のうちには当局3者にも届いていることと思います(オルブライト氏には翻訳版も)。宇川の人たちを直接の対象にして書いたものです。これを読んでいただいて、多くの声が出されるきっかけになればと思っています。

1/16(金)朝

Original post in Facebook