2015-01-27

文殊さん定期報告 234   

本日1/28(水)で、基地建設工事225日目、レーダー搬入100日目。本格稼働34日目に入りました。温3度。本来の寒さに戻ってきました。あっという間に1月もあと3日です。あのレーダー搬入からもう100日です。

工事は国道側の広場での土木作業と施設の内装が中心のようです。朝夕だけではあまりよく分かりません。軍属関係の個人の車が6台ほど今朝も並んでいます。
音は何も変わりません。

昨夜は議員懇談会の1日目でした。大宮会場(口大野)では、テーマの政務活動費問題がメインでした。政務活動費については、この皆が苦しい時に何を考えているのかという辛辣で批判的な意見がほとんどでした。最後に基地問題にも時間が回ってきて、現地では騒音が大変で事故や居住地など市全体の問題も起きている。今現在住民の安全安心が侵されている状態の中で、推進を公言してきた議員さんは何をしているのか。議会ではまず発電機を止めろという決議をあげよ。市民への説明会を市や防衛局や米軍にやらせろ。というような強い声が出て、議員さん方からは「しっかり受け止める」ということでした。
これまで何度も「議員は何をしておられるのか?」と聞いてきたが、まともな答えを聞いたことが無い。今回も同じ事を聞かねばならない。今現在住民が苦しんでいるというのにどう思っているのかという質問には、先日も東京に「約束が守られていない」と陳情に行ってきたという言葉はありましたが、それで何か実現しそうという話はありませんでした。分かっていたこと、心配されていたことが現実に起こっているのにほんとに、情けないことです。
レーダーの件でわざわざ青森の車力まで視察に行ってきて、「騒音は大丈夫です」などとしか報告できない実績を持つ方々に「政務調査費を下さい」と言われても鼻白むばかりです(発電器は動いてなかったのですから音も当然無かったわけです)。

今夜も2日目の議員懇談会があります。皆さん奮って参加し、政務活動費の話にあまり時間を取られずに、基地問題で議員(特に基地建設督促の議議員さんへ)は何をしているのかと聞いてみましょう。

1/28(水)朝

Original post in Facebook