2015-02-12

文殊さん定期報告 249

★雨宮処稟さん、文殊さんお参り!

本日2/13(金)で、基地建設工事241日目、レーダー搬入121日目。本格稼働50日目に入りました。昨日の午後遅めからまた荒れ気味の天気に入ってきました。

朝から駐車場にはやはり10台ほどの自家用車が止まっています。この数日大きな木箱の機材・資材があちこちで開けられて何やら作業が進められています。昨日は崖先のレーダーサイトの崖際辺りでも作業をしておられて、大丈夫かいな(立入禁止のすぐそば)と思ったりもしました。まあ、止めれば済むことですが・・。
例の発電機のマフラーの工事の気配はまだありません。

昨日は、毎日新聞の取材で知る人ぞ知るあの雨宮処稟さんが記者さんとカメラマンさんを引き連れて文殊さんを訪れました。不十分ながらお参りの案内と解説を承りました。3人とも初めての丹後とあって「こんなところにこんなものが、知らない間に・・」と盛んに言っておられました。また、「沖縄に比べると、なんだか全然基地らしくないな。」とも。「入ると罰せられます」というような沖縄では当たり前となっている看板とかが何もないからのようでした。「まだ旗も立ってないし、連絡先もないしこれからでしょう。」といい加減な憶測をお応えしました。
基地を堪能された後は宇川加工所を尋ねて宇川の食材を使ったオリジナル商品を賞味され「これはおいしい」と連発((読者プレゼントにも採用の由)。夜は山深い野間の来見谷の隠れ宿で「人生楽事」という取って置きのドブロクをいただいておられるはずです。
処稟さんはあまり多くを語られませんでしたが、しっかり基地と丹後とそこに住む者を感じていただけたと確信しています。ありがとうございました。
毎日新聞の記事は2/27(金)に掲載予定です。テーマは、一応憲法98条の第2項です。
こういう風に、いろんな形で基地、宇川、丹後が多くの方に知っていただけることがこれからに繋がっていくと思っています。

2/13(金)朝

Original post in Facebook