2015-02-19

文殊さん定期報告 260

★事故防止はどうなった!?

本日2/20(金)で、基地建設工事248日目、レーダー搬入128日目。本格稼働57日目に入りました。暦は昨日より雨水に入りました。春へ向かうということです。今朝はくもり。

6基のマフラーは仕事をしているようです。いくつも蓋が開いて排気しているのが分かります。音は、少し減ったような感じがしますが、よく聞こえます(ザー、キーン・・)。
関係者の自動車は日々20台以上出入りしておられます。そんな中の1台が昨日の事故を起こしたわけです。集団通勤のマイクロバスは最近ほとんど人が乗っていません。米兵を送っていた丹海の観光バスもなくなったようです。その分、個人の車が増えて心配していたことが起きてしまいました。駐まっているレンタカーにはバンパーが凹んでいるのもあります。
このまま当局がいい加減な対応を続けていれば、もっと強烈なことが起きるのは必定と思われます。
この報告で予想したことは必ず起きてきました。悲しい現実です。

今日議員さんの近畿中部防衛局への要請があると報告しましたが、「憂う会」も参加している研究者のグループが京都府への質問と申し入れを緊急に今日やることになりました。どちらも、今の宇川の現状を踏まえてしっかり頑張っていただきたいという思いで一杯です。

昨日事故の起きたニシガキさんは所謂田舎のスーパーで、開店は朝の10時ですので、軍属氏は自販機を利用されようとして右折したのではと思います(その手の車が早朝からよく駐まっているのを目にします)。西側からは緩い上りの真っ直ぐで見通しの良い道です。典型的な前方不注意と思われます。
昨日の今日ですが、市や防衛局がこの事故についてどのように説明してくれるのか、あるいはそういうことはしないのか、とても興味のあるところです。

2/20(金)朝

Original post in Facebook