2015-03-01

文殊さん定期報告 272

★京都E1、京都Y6!
★昨日は倉林議員現地視察、京都で集会。
★明日、島津で居住地のお話。
★安安連もすぐに。

本日3/2(月)で、基地建設工事258日目、レーダー搬入133日目、本格稼働69日目に入りました。今日もぐずついた天気のようです。

おそらく今日から発電機の残り3台にマフラーが設置されていくと思われます。マフラーが増えても音には変わりはないでしょう。

気になるのは個人の車の増加と個人での居住の状況です。
京都Yはナンバー6になりました。
それに関する画を新鮮なうちに上げておきます。

今夜は網野町嶋津で軍属さんの居住地についての説明会があります。どういう形の説明会になるのか、とても気になっています。一方的に「ここになりますよ」というものなのか、「ここに作りたいのですがどうでしょう?」という話になるのか。市・府と国(防衛省)の文書の約束では「地元区の意向を踏まえて」ということが明記されています。ということは「どうでしょう?」という話でなければおかしいです。地域の方々はその事を前提にしてこの説明会に臨んでいただきたいと思います。この説明会は要するに第1歩です。ここからの相談ということです。市や防衛局がどんな立場でこの集まりに望まれるのかもとても興味のあるところです。

すぐに市の安全安心連絡会も開かれる予定と聞いています(3/4か3/5)。そこでの議論と出席メンバーも注目されるところです。騒音問題と事故問題をどう議論されるのか、出席メンバーに正式に宇川の代表のイスは作られるのかということです。

とても重要な事が日々立て続けに起きていきます。大変ですが、しっかりリサーチしリアクションをしていかねばなりません。

昨日は、都の市民団体の集まりで「憂う会」より最新の情勢を報告させていただきました。また、基地へは共産党参議院議員の倉林明子さんが視察に訪れて、地元袖志、尾和、宇川の者からいろいろと現状を聞かれました。この基地問題を国会でも取り上げるということです。いろいろな形で連会ネットワークが広がっています。
沖縄の辺野古など全国各地の取り組みとも連携しながら、安倍内閣の「戦争への道まっしぐら政策」の最前線に宇川の米軍基地があるという事を心に銘記して、日々の取り組みをやらねばならないということを再認識した一日でした。

3/2(月)朝     

Original post in Facebook