2015-03-02

文殊さん定期報告 273

★穴文殊上空に飛行機!
★島津で居住地の話!
★3/5の安安連は公開と言いながら市民の傍聴は拒否!
★単独の居住軍属のことは問い合わせ中。

本日3/3(月)で、基地建設工事259日目、レーダー搬入134日目、本格稼働70日目に入りました。今朝の朝焼けは美しく、今日は良い天気になりそうです。

お参りの時に空を見上げると飛行機が飛んでいました。飛行制限区域のはずなのですが・・。一線の飛行機雲で6キロより高いところなのか・・。

予想通り昨日の工事で海側の2台の発電機にマフラーが付きました(その総数は計10基)。早速動かしているのもあります。残るは山側の1台だけになりました。音に変わりはありません。これまでのところ、動いている発電機は2台分(マフラー4基分)です(今朝も)。これが3台分とかそれ以上になった時、音はどうなるのか、当然大きくなると思われますが、そのあたりも注目です。

国道側と九品寺参道入り口側にコンクリートの低い壁が間をあけて置かれていますが、その間に黄色と黒のいわゆるトラロープが張られ例のWarningの紙も張られました。ここにも勝手に入るなということなのでしょう。平和菜園の周りにも新しい支柱にこのロープが張られました。

昨夜網野の島津で居住地の話がありました。その具体的内容(どういう立場のどなたがどういう話をしたのか、地区の方々からどんな声が出されたのか)はまだ分かりませんが、地元には「歓迎できない」という声がいくつもあると聞いています。

安全安心連絡会は、3/5(木)の13:30より弥栄市民局で行われると「基地対策室」で確認しました。「公開ということですね」と念を押すと、「報道関係の方には公開するということで、特に傍聴席はありません。」ということでした。「質問状の回答には『公開で開催される』と書いてあるのに、我々市民は傍聴もできないんですか?」と聞くと、「まあ、そういうことで・・」というふざけたようなお話でした。「公開というのは誰でも参加できるから公開というのでしょ。市は市民にウソをいうのですか。」と正しても、結局一般市民は出席させない。ということです。「それはおかしい!」と強く抗議をしました。

なぜ市民の傍聴も認めないのか、不思議です。聞かれて困るような話をされるのでしょうか。市民に公開できないような内容の会議でどうやって「住民の安全安心の確保」をはかれるのか、今後機会を見つけてじっくりと追求していきたいと思っています。

また、「単独で居住している軍属がおられるようだが把握しておられるのか?」という質問に対しては、「今防衛に問い合わせています」ということでした。その問い合わせにいつどんな答えが返ってくるのか分かりませんが、このレベルです。実に情けない。
「事実なら明らかに約束違反ですね。」というと「そうですね」ということでした。
事実なのです。市はどうしてくれるのか?

3/3(火)朝

Original post in Facebook