2015-03-09

文殊さん定期報告 280

★島津の説明会、連合区長さんの先走り・・?
★「白い花」におられた軍属さんは個人のところに移ったらしい。
★昨日の議会はいかに、今日も基地問題で一般質問!

本日3/10(火)で、基地建設工事266日目、レーダー搬入141日目、本格稼働77日目に入りました。

さすがに雪は降りませんが今朝は大荒れの模様です。
昨日の写真で分かるように、レーダーの前面に白いポールが立てられているようです。電磁波照射面はこの間130°と言われています。海や空への影響が気になる所です。
基地関係の自動車は参道脇に数台、奥に7台ほどおられました。

3/2(月)に島津でやられた警備軍属さんの居住地問題説明会の詳しいお話を聞きました。島津のあの土地は有力な候補地であって、決定したわけではない。
土地の売買契約もまだ成立していない。
土地は網野の業者(オーナーと呼称)が買ってそこに施設を建ててシェネガ社に貸すという形にしたい。
その網野の業者の名は今はまだ伏せたい。
そのオーナーとシェネガの間を「まるふく」さんが仲介する。
施設に入るシェネガの68人は誰によってどのように管理されるのかはよく分からないが、基地外だから司令官の管理下ではないことは確か。
というようなことが言われています。

特徴的なことは、防衛局や市は決まったというような事は言っていないのに、会を主催された連合区長さんが、どうも施設ができることを前提にしたような感じのことを盛んに言っておられ、そのことが地元の方々の不信や反発を招いておられるという構図でした。
「拒否できるんですか?」という住民の方の質問に、連合区長さんが「地権者の方に土地を売るなと言えますか!」というようなやりとりがなされたようですが、これでは「地元地区の意向を踏まえて、適切丁寧な手続きを」という原則からはズレてしまっているように思われます。

「2/20に具体的な話があって」という性急な説明会で、地権者の方の意向も未だ確定的ではなく、オーナーなる存在も伏名の中で、やはり島津の地元区の方の時間を掛けた議論や、出されていた数々の不安に対する確かな回答をまず得ることが必要ではないかと思われます。
「皆さんの声があるなら今後も検討の場を」ということが最後に確認されたようですので、島津の皆さんには是非議論の場を重ねていただきたいと思います。

防衛局とのやり取りの中で、小浜の「白い家」に宿泊されていた軍属さんは今はそこを出られているという話も出たようです。その方々が3/5の安安連で言われた個人居住30人のの中に入っているのでしょう。防衛局はやはり約束を守る気がないのだということがこういうところからも見えてきます。
島津の皆さん、くれぐれも曖昧なことで納得されないように。

昨日の議会、代表質問はどんな感じだったのでしょうか。分かる方教えて下さい。
今日は、基地問題で2人の方が質問をされます。とっても注目です。

3/10(火)朝

Original post in Facebook