2015-03-19

文殊さん定期報告 290

★夜の基地は不夜城!!
★「住民の安全安心の確保」という点で趣旨採択!
★島津のユンボは居住地の工事ではない、と聞いている・・。

本日3/20(金)で、基地建設工事276日目、レーダー搬入151日目、本格稼働87日目に入りました。今朝は霞のかかった曇天です。
日の出が早くなり少し朝が楽になってきました。

昨夜、犬ヶ岬のトンネルを出たところから穴文殊を見ると全体がボーッと明るく、近くへ行くと正に不夜城の感がありました。霧の影響もあったのかも知れませんが、これは近くの方には強烈な状況だと思われます。問題は音ばかりではありません。

基地の様子に目立つ変化はありません。コンテナが減って広場の空きが増えたくらいです。シェネガの皆さんの警備、レイセオンの皆さんのレーダー管理(?)、軍人さんの運用(?)ということが日々行われているということなのでしょう。発電機は常時2台分が動いています。九品寺での騒音は相変わらず強烈です。

3/11(水)に行われた、「憂う会」の陳情についての本会議討論の詳しい内容を入手しました。先日の報告では、吉岡和信議員と金田琮仁議員と田中邦夫議員の趣旨採択賛成討論があったと書きましたが、吉岡和信議員は間違いで松本経一議員でした。お詫びして訂正します。

松本議員 6項目の内容には承諾しかねるものもあるが、騒音問題で袖志尾和の皆さんに多大な迷惑を掛けていることは現実である。その点から安全安心の確保という趣旨については賛成したい。
金田議員 基地そのものについては日米安保体制の中で必要と考えるが、あの酷い騒音まで受け入れられるものではない。マフラーが付いたとはいえ、騒音はまだまだ解決していない。早急に更なる対策を求めたい。この点から「住民の安全安心の確保」ということで賛成したい。
田中議員 基地そのものについての議論はいろいろあるが、その点は一旦置いて「住民の安全安心の確保」ということで趣旨採択をすることによってこの問題を前に進めたい。
以上のような3人の賛成討論がありました。
反対の討論はありませんでした。

松本、金田両議員は宇川の議員懇談会で、車力視察についての反省の言葉を述べられましたが、今回の討論ではそういう言葉はありませんでした。残念に思います。

島津の工事について「基地対策室」に質しました。「あれはそうではない」と聞いているということでした。ユンボの動いている場所はそうではない場所ということなのでしょうか、詳しいことは分かりません。

この定期報告について、色々と反響の言葉が聞こえてきます。
しかるべき所がしかるべき仕事をしないので、私たちがしなくてもいいこと(したくもないこと)をしなければなりません。困ったことです。

3/20(金)朝

Original post in Facebook