2015-03-31

文殊さん定期報告 304

★雨の中、新年度スタート!
★難問は山積のまま・・。
★市3月議会の録画もどうぞ。

本日4/1(水)で、基地建設工事288日目、レーダー搬入163日目、本格稼働97日目に入りました。
昨日も強烈な黄砂でした、丹後でこれだけ降るのだから北京はどんな感じなのかと思ったりします。今日は朝から春雨で、満開前の桜が雨に濡れています。

今日から新年度、基地では大きな変化は分かりませんが、様々な内部の整備が進められているようです。内陣に新しい外灯の工事が進んでいます。発電機の騒音は九品寺では大変な状況のままです。
関係者の車は日々20台以上出入りしています。レイセオン社の人達はほその多くがYナンバーとわナンバーの車で通っておられるようです。

何度も報告してきましたが、基地問題では「住民の安全安心の確保」という当初の約束をなし崩しにする中で問題が解決されないまま現在に至っています。問題は減るどころか増えるばかり、当局はそれに正面から立ち向かっているとはとても思えないというのが現状です。

これを機に市当局の姿勢を再確認するため、先日閉会した市の3月議会の議会討論の録画を見ました(興味のある方は是非京丹後市のHP「議会」のところでご確認下さい)。
思うのは、やはり市長の曖昧な言葉の数々でした。安全安心とは言いながら、約束は大切だといいながら、結局は既成事実に抗おうとはされないという感じです。これでは、それこそ「いかがなものか」と思われます。
具体的なことはまた報告しますが、議会ではまだここでお知らせできていない重要な事がいくつか議論になっています。

新年度に入って、当局も新しい体制ということになるようです。「憂う会」としてはこれら当局にそれぞれの宿題がちゃんと引き継がれているのかをまず確認し、この間の経過や新しい問題点を整理して再度皆さんにお知らせしなければと思っております。

4/1(水)朝

Original post in Facebook