2015-04-19

文殊さん定期報告 325

★また雨です。
★「憲法」の警告板倒れる!?
★府、「説明会」を求めている!
★防衛局、「説明が遅れ申し訳ない」!

本日4/20(月)で、基地建設工事307日目、レーダー搬入182日目、本格稼働116日目に入りました。

今朝も荒れ模様の天気です。
晴天が続かないので田んぼの仕事ができないと皆さん嘆いておられます。
昨夜風が強かったせいか、例の「憲法」警告看板が前向きに倒れていました。
文殊様のお怒りかも・・。
レーダーのサイトは早朝から何やら作業のようです。

4/9(木)に、京都連絡会の皆さんが京都府への質問・申し入れをやられています。
そのやり取りの中で、
・30人の軍属の居住については「住民に約束したことが実行できていないのならそのことの説明会を改めて開くように」と強く求めた。
・Yナンバーの任意保険については、司令官任せで分からない。
・軍属の交通安全指導は2/19以後どうなっているのかは分からない。
・島津での居住地の件は、地元区の意向を把握してということは当然だが、それは京丹後市さんがやっているだろう。
・騒音は追加対策を検討している。
・テープを貼った警告看板は作り直しを検討している。
などのことが明らかにされています。

4/17(木)には近畿連絡会の皆さんが近畿中部防衛局に質問・申し入れをやられています。そのやり取りからは、
・騒音の追加対策は夏までに何らかの措置を執りたい。
・事故の情報については関係自治体に直ちに連絡している。事故の多発は遺憾であり強く米軍に申し入れている。
・1/21のスピード違反事故は報道で始めて知った。地位協定の改善には今後も取り組んでいく。この件での米側の処分等は分からない。
・軍属30人居住の問題は、説明が遅れ申し訳ない。この30人にもマイクロバスによる集団通勤を要請している。この人達がまとまって住めるところを探す。
・警告看板は不適切であり、横田の米軍本部に申し入れをやった。
・4/15に設置された入り口の看板は誤って入った車があってのことと聞いているが、「日本国憲法」の件は把握していない。
など興味深い話がいくつもあります。

特に30人の居住地問題では、府も防衛局も「約束違反」について一応まともな反応を示されています。ところが、京丹後市はきわめて無責任でまともな対応をする姿勢がありません。このあたりを強く求めて行こうと思います。

今日は、「憂う会」より日本国憲法の看板の件などでの緊急申し入れを「基地対策室」と「現地連絡所」へ行います。午後2時からの予定です。市に対する「緊急質問状Ⅲ」も提出したいと思っています。

4/17の島津での懇談会の記事(毎日新聞)と4/9の府申し入れの際に公表された事故の一覧表とを上げておきます。

4/20(月)朝

Original post in Facebook