2015-05-05

文殊さん定期報告344

★晴天のGW最終日。
★自衛隊の工事はいよいよか・・。
★島津は闇の中・・?
★当局の動きはなさそう!

本日5/6(水)で、基地建設工事323日目、レーダー搬入198日目、本格稼働132日目に入りました。

GWの最終日となりました。今朝も日差しがきついくらいで、晴天の一日になりそうです。

基地にこれといった変化はありません。
崖先の櫓が今日のうちに立ちそうな感じです。相当に高さのあるもののようです。
コンクリートフェンスの「立入禁止」ステッカーが新しくなって目立ちます。

明日くらいから自衛隊の工事が始まりそうです。そのための車両用掲示票(?)が分かりましたので上げておきます。自衛隊の工事についても安全確認が必要なのですが、それがどの程度行われているのか、いないのか(緊急質問にも書いてあります)は今のところ何も分かりません。

島津の居住地の件については、その後何も分かりません。4/28の議員懇談会の際「開発申請がまだなので市としてはそれが出てから」などと吉岡委員町が言っておられました。また、市長は「住民の意向把握はする気がない」旨の発言もしています。申請の出る前に「住民の意向把握」がなされるのが「約束」の趣旨です。とにかく作りたい者が勝手に作るなどということは許されることではありません。

金曜の5/8が防衛局への緊急質問の回答期限ですが、市と同様おそらくこちらも無理ということになると思います。もう一つ残っていました基地司令官への「緊急質問Ⅱ」がほぼできましたので今週中には提出したいと思っています(完成したらアップします)。

「住民の安全安心の確保」について、とにかく彼らは自ら積極的には何もしません。最近その程度がますます酷くなってきました。我々が事実を上げて言わない限り具体的なことは何もせず、勝手なことが進められます。

今後、基地二期工事と6月議会へ向け市民全体への広報と、当局への追求を強化しなければなりません。

5/6(水)朝

Original post in Facebook