2015-05-15

文殊さん定期報告356

★5/20に基地で合同テロ対策訓練!
★「憂う会」の質問、昨日5/14にようやく基地へ届く!!
★米軍、質問状を拒否・・?
★自衛隊、昨日も動きなし。

本日5/16(土)で、基地建設工事333日目、レーダー搬入208日目、本格稼働142日目に入りました。

今朝は小雨の曇り空です。
文殊さんも基地もしっとりと濡れ、サイトの音がやたらにうるさく、発電機のそれを凌ぐほどです。サイトでは例によってシャッターが開けられ作業をしておられます。レーダーのそばに人がいたりその真ん前を鳥が飛んでいったりもしています。
国道側東の資材置き場にあった有刺鉄線などがどこかへ撤去されたようです。内側へ運ばれたのかも知れません。
自衛隊側に動きはありません。

昨日のNHKニュースによると、この文殊さんの基地で来週の5/20(水)に日米合同のテロ対策訓練があるということです。米軍と、京丹後警察と海上保安庁が海から上陸してきた3名の侵入者を撃退するという訓練らしいです。映像では舞鶴でやられた訓練の様子が流されていました。
基地周辺でということですが、具体的な場所はどこなのかよく分かりません。基地に入れば例のライフルを持ったシェネガの皆さんがいるわけで、警察などどう関係するのかと思われます。基地の外に米軍も出てきて対応する(武器も使う・・?)ということなのか。何だか物騒で妙なことを含んだ訓練のように思われてなりません。
ここはそういうテロ行為の対象になる場所だと彼らが認識しているということです。
そういうことも含めて「あり得ない」と防衛局はこれまで説明してきたはずです。
住民にとって、こういう訓練は安心どころか、余計に不安が増します。
やめていただきたい。

昨日、待ちに待った連絡所からの連絡がありました。
「質問状が渡されているかはどうか怪しい」と書いてきましたが、やはり予想は当たっていました。
「憂う会」からのオルブライト司令官への「緊急質問Ⅱ」は、なんと我々が連絡所に渡した1週間後の昨日5/14(木)にようやく米軍へ渡されたということです。
上田所長によると、受け取った翌5/9(土)に米軍にその旨を伝えると、受け取らず「そちらで検討せよ」と言われ(事実上拒否され)、防衛局の本部へ上げて検討した結果、司令官宛のものはやはり司令官へということになって、改めて5/14に基地に届けた。司令官の代理が受け取ったとのことです。

前回の質問への回答で司令官は、基地へのものは連絡所を通してということを伝えてきていましたが、それはどうも単なるその場しのぎのリップサービスだったようです。
司令官始め米軍は住民の声を直接聞くという意思が端からないということがこの件で見えてきたように思います。これで「良好な隣人関係」などと言われても鼻白むばかりです。
今後回答がどうなるのか。5/23の期限はおそらく無視されるだろうと思われますが、注目されるところです。

5/16(土)朝

Original post in Facebook