2015-05-18

文殊さん定期報告360

★自衛隊の予定地で業者が測量・・!
★米軍基地に新たに重機。
★5/20の合同訓練は13:30開始! 13:00より抗議行動!!
★今日の雨は菜園の野菜には天の恵み。

本日5/19(火)で、基地建設工事336日目、レーダー搬入211日目、本格稼働145日目に入りました。

昨日からの雨が細く続いています。
日曜日に植え直したジャガイモや植え付けた野菜には天の恵みになります。

昨日、自衛隊の拡張予定地では建設請負業者による測量のようなことが行われていました。主立った測量はもう済んだのかと思っていましたが、とにかく工事は間近ということです。国道の草はますます繁茂してきていますが、刈り取りの動きはありません。

基地へは新しく重機(大きめのユンボ)が運ばれてきています。作業は施設のあちこちでやられています。最近崖先に新しく建てられている塔やポールが更に発展していくようです。何のためのものなのか、どうも旗の掲揚柱というようなものとは異質です。

5/20(水)にやられると報道された「日米テロ対策訓練」ですが、京丹後警察が調整をして企画しているもののようです。
京丹後警察によると、毎年日本海側の海岸への不審者対策として警察や海上保安庁が実施しているものに、今回は自衛隊(経ヶ岬分屯基地)や新設の経ヶ岬米軍基地も連絡体制の中で協力するという事です。「米軍基地へのテロ対策」というのは、NHKの独自見解で米軍や自衛隊の部隊が動いたりはしないそうです。
しかし「基地は抑止力となって住民を守るのだ」という建前の一方で、「基地が軍事テロの対象となって住民を危険にさらす危険が強烈に高まっている」という本音の認識がこの苦しい言い回しの中に透けて見えます。
今回の合同訓練がそういう性格のものであることをしっかり言葉にして伝えなければならないと思っています。
訓練は5/20(水)の13:30より、京都府から兵庫県に至る日本海側で行い、参加するのは京都府警・兵庫県警、海上保安庁、航空自衛隊経ヶ岬分屯基地に駐屯する自衛隊、米軍Xバンドレーダー基地に駐屯する米軍とされています。

宇川の米軍基地は軍事テロの最前線ターゲットになってしまったということです。

京都連絡会の皆さんが当日13:00集合(尾和側の三叉路)で抗議行動を予定しています。「憂う会」からも参加できたらと思っています。可能な方ご参加下さい。

昨夜22:30頃に宇川(平のカーブ)で事故がありました。詳細は分かりませんが、事故と聞く度に「ひょっとしたら」と思わずにいられません。

5/19(火)朝

Original post in Facebook