2015-06-03

文殊さん定期報告375

★島津の懇談会、意見噴出!
★「民意の確認をなぜしない?」「何故急ぐ?」
★代議員会で「意向調査」を決定!!
★事故は17件に!
★保育所に入所の例も

本日6/4(木)で、米軍基地工事開始から374日目(1年と9日目)、レーダー搬入より227日目、本格稼働161日目に入りました。

昨夜は満月でした。
今朝、また大きなトラック(佐世保ナンバー)が来ています。
ビッグボールの後ろの設備に新しいモノが付きました。
自衛隊の工事、フェンスが立ち上がってきました。

最近また事故があったそうで昨日段階で17件という事です。増えた2件は加害の事故ということだけで詳しいことは分かりません。

網野町では個人で住んでいる軍属の方のお子さんが保育所に入所されたということを聞きました。当初、家族では赴任しないという話でありましたが、家族で家を借りて生活している方々が少なからずおられます。市はどのように把握しておられるのか。放置状態のようなことになっています。

6/2(火)の網野町島津の住民説明会はやはりただでは済まなかったようです。
警備軍属の居住地建設を前提に、作るに当たっての不安・意見をまとめたいという連合区に対して、島津住民の民意はどうされているのか、連合区はそれをどのように確認し関係者、関係当局にどのような意思表示したのかという声が重ねて出され、さらに子や孫にかかわる大問題に拙速に対処してはいけないという声も多く出されました。

民間の不動産取引に口を挟む事は連合区としてできない(そんなことをすれば連合区が訴訟に巻き込まれる危険も)という区長さんの主張に対して、そんなものを住民は全く望んでおらず恨みを買うだけだと当事者に伝えること(そんなことが裁判になったりはしない)こそ代表者の責任ではないかという当を得た発言と、とにかく区民の意向(賛成か反対か保留か数字にまとめて)をまず調査せよという強い要望が多く出されました。

結局、懇談会の後で、代議員会が開かれて「住民の意向調査をまず実施する」ということが決定されたということです。
当初の約束である「住民の意向を踏まえ、適切丁寧な説明を行う」ということをやらず、決まってから「どうしましょう?」などと聞くから、こういう議論になるわけです。市がそういうことを分かっていながら「民民だから」などと眠たいことを言ってごまかすからこうして住民が要らぬ迷惑を被ることになるわけです。市の責任は重大です。

「契約はもう済んだので、いつ工事が始まるか分からないから急がねば」ということも盛んに区長さんから出ていましたが、当初の約束が守られていないのだから「待て」と言っても何の問題もないと思われます。そこの調整をするのが、市と防衛の仕事です。無責任のツケはそういうふうにして回ってくるのです。

とにかく、島津の皆さんしっかりとした意思表示をして下さい。誰に遠慮することもありません。
懇談会で島津の多くの皆さんが、しっかりと思いを述べおかしな事を追求されたことに敬意を払いたい気分です。4/17の学習会や5/30に折り込まれた「憂う会」のビラ19号が少しでも役に立ったのなら嬉しいことです。

6/4(木)朝

Original post in Facebook