2015-06-16

文殊さん定期報告389

★基地は安定稼働?!
★自衛隊工事はボチボチ。
★島津の意向調査を公表せよ!
★「やむをえない」では済まない。

本日6/17(水)で、米軍基地工事開始から387日目(1年と22日)、レーダー搬入より240日目、本格稼働174日目に入りました。

今朝も曇り空ですが、雨は降っていません。丹後ではあまり雨の降らない梅雨です。

先の土日(6/13、14)の調整を終えて安定稼働(?)に入ったように思われる基地です。
早朝は車数台。昼には通常20台を超えます。
騒音がやはり激しい。発電機のマフラーを覆うような物を⒏月下旬までに設置するという話がありますが、レーダーサイトや新しい発電気の対策は何も聞かされていません。この問題は簡単には住みそうにありません。
自衛隊の側の工事は急がず着々にという感じです。今週はずっと作業員2人。議会が終わるまでは目立たないでおこうということか・・。

島津の軍属居住地建設についての「住民意向調査」は終了していると思われます(6/11には回収)が、その結果がどうなっているのか未だ耳にしません。早く公表していただきたいと強く思います。
参考までにその意向調査用紙を上げておきます。「賛成」「やむをえない」「反対」「分からない」の4つから一つ選ぶ用紙と、意見を書く用紙と2枚あります。結果を連合区の今後の資料とする(連合区の対応等に反映)というような事も書かれていますが、この文言をもとに公開はしないなどということは許されるものではありません。6/2の懇談会では、「まずその数字を調べて明かにせよ」という声が多くてこの意向調査が決まったわけですから。関係の方々には皆さんの意見も含めてその数字を早急に出していただきたい。それが筋です。

それにしても「やむをえない」という選択肢。
米軍基地の問題は「やむをえない」というようなことで済まされるものでは到底ありません。
6/17(水)朝

Original post in Facebook