2015-06-21

文殊さん定期報告394

★今日は夏至。
★騒音は益々激しい。
★ゴマカし徳は許されない!

本日6/22(月)で、米軍基地工事開始から392日目(1年と27日)、レーダー搬入より245日目、本格稼働179日目に入りました。

今日は夏至、日の出4:43、日の入19:14。一年で一番日の長い日です。
気温18度と肌寒い中での眩しい朝日でした。
昨年12月下旬の冬至の頃には日の出7:10頃、日の入り16:40頃ということで朝の報告に往生したものですが、明日からそちらへ向かっていくことになります。

因みに、丹後半島は日本の標準子午線東経135°が通るところ(松本清張さんの「Dの複合」はそれがベースになっています)で、お日さんと時刻の関係はきわめて正確な土地柄です。

この報告もなんだかんだとけっこう続いていることになります。いつまでなのかは分かりませんが・・。

基地は今日からまたフルメンバーの操業ということでしょう。自衛隊の工事も再開。
とにかく騒音が激しい。レーダーサイトからのものがハンパではありません。

このところ、地元地域も行政も何やらおとなしいというか黙った感じの状況ですが、国が戦争法制で大荒れする中、ここの基地がその最前線(今既に現役の戦場基地)になっているということを改めて強く感じます。
基地の問題は何一つ解決もされず、約束も守られずということが続いています。なし崩しのゴマカし徳は許されません。何かあってからでは遅いのです。
何度も書きますが、私たちの会は黙りません。

6/22(月)朝

Original post in Facebook