2015-06-29

文殊さん定期報告401

★工事開始400日!
★問題山積、放置、のまま1年の後半へ!!
★宇川には妙な沈黙!!
★島津では明日役員会!

本日6/30(火)で、米軍基地工事開始から400日目(1年と35日)、レーダー搬入より253日目、本格稼働187日目に入りました。

今朝は曇り空。梅雨はまだ明けません。
今日は6月の最終日、1年の半分が終わります。

基地工事の開始から400日となりました。毎日見ているとそういうものかというような気にもなりますが、かつての姿と比べると何とも異様な光景となっています。

7月を前に今の状況を顧みると、騒音問題、島津の居住地問題、軍属の個人居住・個人通勤問題、交通事故問題、基地施設問題などいずれも大前提の「住民の安全安心の確保」にかかわる重大問題が当初の約束を無視して起こされているにもかかわらず、市、防衛、米軍が不誠実(傲慢)な態度に終始しているということです。

特に市は今年度に入って「大きな事は何も起きてないからいいではないか」という開き直った態度に終始し、私たちの言葉に耳を傾ける姿勢が全くなくなりました。その分米軍には何も言えず、米軍は勝手な振る舞いを増長させているという状況です。
地元の宇川でも、不信不安を内側に抱えながらの妙な沈黙が続いているように思います。宇川地区全体の連合区長さんを袖志の区長さんが兼ねているという今年度の体制もそこに陰を落としているように感じます。

こういうことのツケは近い将来にどこかで必ず大きなことになって出てくる。その被害者は必ず一般住民となる。今の状況では、その時に責任を取る者はどこにもいないということになります。
やはり黙るわけにはいきません。

島津では明日連合区の役員会が開かれて意向調査の扱いなどが議論されるようです。注目です。

6/30(火)朝

Original post in Facebook