2015-07-18

文殊さん定期報告419

★台風11号、日本海へ!
★丹後では被害僅少。
★7/31(金)に現地でこちら側の国際イベント!
★海の京都の裏事情、祇園祭で拡散!!

本日7/18(土)で、米軍基地工事開始から418日目(1年と53日)、レーダー搬入より271日目、本格稼働205日目に入りました。

台風11号、京丹後では幸いなことに最後まで警報も出ず、大きな被害もない状況でした。名残の雨が今も僅かに降っています。

今朝の文殊さんは昨日の風で散乱した木の枝などが随所に見られますが、台風一過となりました。
強風でレーダーサイトがどうにかなるかとも思いましたが、それほどの強風は吹かなかったようです。騒音に溢れた通常の状況が続いています。
数日前から坂の上り口に例の監視ボックスがキャリアから降ろされて固定化されています。これからの炎暑に対応するためと思われます。他のボックスにも警備の人が入るようになっていくでしょう。

自衛隊は昨日からダンプ数台がフル操業というような予定でしたが、台風の関係か工事はほとんど進んでいません。

7/31にアメリカのミサイル防衛構想を研究する世界の皆さんが宇川に来られるイベントの計画が進められています。「グローバルネット京都大会」の一環で穴文殊参拝と米軍基地を観光するというものです。詳細が確定したらお知らせしますが、国際イベントは向こう側ばかりではありません。

京都では、いつも来てくれる若い人達が祇園祭で「もう一つの 海の京都」という洒落たチラシを配付してくれました(写真参照)。反応はとてもよかったそうです。また、知事の「海の京都」売り込みのラジオ収録にも行かれて宇川の状況をぶつけたとのことでした。その知事に対して京都府民の会は近々最新の要請書を提出します。
戦争法制反対も絡めながらいろいろなアクションがあちこちで起こされています。
こちらでもいろいろと計画中です。

どの取り組みも楽しみながらやっていきましょう!

7/18(土)朝

Original post in Facebook