2015-07-19

文殊さん定期報告420

★日曜というのに横浜から来て測量・・?
★U.S.ARMYという車も!
★丹労連、島津の件で市長に申し入れ!
★平和菜園、3度目の定植。

本日7/19(日)は、米軍基地工事開始から419日目(1年と54日)、レーダー搬入より272日目、本格稼働206日目でした。

文殊さんにも暑い日差しが戻ってきました。

今日は日曜日でしたが、基地にはいろいろな方が出入りしていました。
作業服を着た日本の業者の方が測量の器械を持ち込んで、崖先のスロープのところとかを盛んに測っておられました。発電機の防音パネル嵩上げの件かと思いましたが、あまりそちらにはおられないようでした。
国道脇の駐車場には横浜ナンバーのワゴン車が駐まっていました。
また、U.S.ARMYというナンバーの自家用車も駐まっていました。これは米軍のよほどエライ人の乗る車でではないかと思われます。
ここの基地は相当に重要な基地らしいとは感じでいますが、こういう車を見ると「やはり」と思わざるを得ません。

自衛隊の方は、何だか予定がズレているようで結局先週はダンプの出入りはなかったような感じです。ひょっとして安保法案の関連か(あまり刺激するなとかいう)とも勘ぐりたくなるような動きです。それにしても工事の看板はまだ何も出ません。出さないつもりのようです。

去る7/16(木)に、丹労連(丹後の労働組合の連合組織)の藤原議長が島津の居住地に係わる介入の問題で、市長に申し入れを行いました。提出文書には「島津連合区は住民の自治組織であり、その決定に市長が一方的な介入を行うことは憲法92条、地方自治法1条に定める地方自治の本旨を破壊する行為である」旨述べられています。市長からは特にコメントはなかったということですが、この不当介入の件は只で済ますわけにはいきません。

猿に全滅させられた平和菜園ですが、少しのスペースに再再度いろんなものを植えました。今度こそ何とかならないかと思っています。
ここの基地との闘いは米軍、防衛、市、警察、公安やらに加えて猿とのものまであります。何とも大変です。

7/19(日)夜

Original post in Facebook