2015-07-26

文殊さん定期報告427

★昨日35度、今日は36度!
★米軍基地、土日作業はお休み。
★自衛隊はフル稼働!
★自衛隊ヘリ、一般人を乗せてレーダー前の海域を飛ぶ!!
★議員懇談会、明日は丹後町、大宮町、網野町。
★島津でオーナーの説明会!

本日7/26(日)は、米軍基地工事開始から426日目(1年と61日)、レーダー搬入より279日目、本格稼働213日目でした。

昨日、京都強烈な暑さです。今日は宇川でも確実に36度あったのではと思います。

その暑さの中、米軍基地は土日とも工事関係は休みということらしく、最小の人員の出入りだけ(車は5大程度)という状況でした。

自衛隊の方は、昨日土曜はフル稼働で表土を削られた黒い部分が全体の半分ほどにもなり、大きな黒土の山が複数出来ています。これを明日からダンプで運んでいくのかなと思われます。国道側のフェンスの支柱は尾和側にも伸びてきました。

これらの工事とは関係なく、今日は航空自衛隊経ヶ岬分屯基地のイベントとして、ヘリコプターへの一般人の試乗会がやられていました。一般から申し込んだ人達が、ここのヘリポートから相当数ずつ自衛隊のヘリに乗り込んでは15分程度丹後半島の沿岸部を空から見学するという趣向のようでした。朝10時頃から何度もヘリが空を舞う姿が見られました。

そのヘリの飛行コースですが、ヘリポートから東側へ離陸して袖志の海へ出てグルッと西に旋回してレーダーの先の海上を通って犬ヶ岬の方へというラインでした。完全な飛行制限空域を飛んでいます。ということは、レーダーは停波されていたということでないとおかしいのですが、そのレーダーサイトの音は全く変わらず、発電機もいつもと同じ騒音を出していました。レーダーも発電機も通常の稼働状態でその前をヘリが飛んでいたと思われてなりません。防衛局に確認してみようと思いますが、とにかく、基地からの音はヘリと関係なく出ていました。もし、電磁波がバンバン出ている中での一般人を多数積んでのヘリ飛行ということになると大問題です。

明日7/27(月)は議院懇談会の1日目。丹後町(市民局)、大宮町’(善王寺公民館)、網野町(掛津区民センター)の3会場(19:30~)です。メインテーマは議員定数について、それに地域ことのテーマもありますが、どの会場でもぜひ基地問題を問うていただきたいと思います。特に、島津の居住地問題では国との約束に反した市長の平穏ならざる発言が続いています。軍属のYナンバー車の増加や個人居住の問題も放置されたまま、事故も相変わらず起きています。騒音問題は全く解決には至っていません。約束の安全安心がなおざりにされたまま、自衛隊の工事が始まり、米軍の二期工事も予定されています。また、議会では島津問題の緊急質問動議が否決され、国政の大問題を質問もさせないという異常なことも起こっています。議員さん方に聞いてみたいことが盛り沢山です。
皆さん、一人でも多く参加されてこれらの事を質してみて下さい。

この議員懇談会とまったく同じ時間に島津では、警備軍属シェネガ社の宿舎問題についての説明会が、その宿舎のオーナー企業よりなされるということです。島津区民への「要望事項」についての説明会という趣旨です。先日の意向調査でまとめられた要望事項ということなのでしょうが、それにオーナーさんが答える。市と防衛局も同席とのことですが、米軍関係者に係わって区民が安全安心の観点から書いた意見・要望について、どうして市や防衛が答えずに、宿舎オーナーが答えるのか、とても疑問に思います。
聞くと、報道関係の取材は一切拒否らしいとのこと。情報のコントロールの(要するに隠す)ためにそういう形を取ったのではないかと思われてなりません。そういうやり方は「丁寧・適切な手続き」にはなりません。
また、宿舎の工事の標識が現在撤去されたままとなっていますが、これ無しで28日から工事を始めるのでしょうか(義務違反の疑いあり)。明日出席される方には是非質問して欲しいことの一つです。

とにかく米軍基地に関わる様々なことが、おかしなまま放置され、とにかく米軍優先という良くない状況が続いています。それで最終的に困るのは私たち市民、住民です。一つ一つの疑問をしっかり言葉にして追求していきましょう。

7/26(日)夜

Original post in Facebook