2015-07-29

文殊さん定期報告431

★発電機防音パネルの支柱が伸びました!
★自衛隊工事、土の搬出始まる!
★島津の説明会、副市長「できる限りの対応につとめたい」!

本日7/30(木)で、米軍基地工事開始から430日目(1年と65日)、レーダー搬入より283日目、本格稼働217日目に入りました。

今朝も霞のかかった曇りもようの朝となりました。既に気温27度、湿度が高く蒸し暑くなりそうです。

米軍基地は、昨日発電機の吸音パネルを嵩上げするための支柱が袖志側全面に高くされました。反対側(九品寺側)はまだ何もありません。今月中ということで、今日と明日だけで出来るのか相当に疑問です。

自衛隊側は、27日くらいから土の搬出が始まっている(土を積んだダンプが国道を走っている)ということです。入り口の道が延びていますので、これから本格的な搬出作業に入るようです。全面で4緑が無くなり、黒い土の山が何カ所も出来ています。

7/27の島津の説明会で、副市長は次のような趣旨ことを言っておられます。

・工事と入居後の要望を連合区長からいただいている。持ち帰って検討している。予算、施設概要含め後日回答したい。
・居住地の選定は決定してからの報告とならないように防衛省を通じて要請させていただいてきた。
・2000平米以上の開発が市の条例の対象でこれを超えている。事前の協議と届出を求め、環境の保全と調和をはかる良好な生活環境を築くための基本的な事項を審査し、適合してるとして協議終了通知を事業者に公布した。
・建物は建築基準法がある建築確認申請を出してもらう。民間の集合住宅と何ら変わらない届出、審査をへて今日に至っている。
・3月の時点で若干説明したように有力な候補地ということで話させていただき この間、必要な手続きとっていただいたということである。
・適切丁寧な手続きとってもらいたいと要請している。
・この間マスコミで言われている意向調査について、市長としてはいわゆる基地の問題については色んな運動がなされているのは承知のとおりだが、居住地、いわゆる関係者が住むことについて賛否をとるとか地元の合意をえるとかについては、条件上、倫理上あってはならないということを申し上げてきている。
・アンケートの中身については、これからの工事、その後の不安について要望いただいた。少し時間をいただき真剣な検討を加えてお返ししたいと思っている。
・今回の件で区長はじめ区民に多大なご心配をおかけしていると思っているが、工事の実施過程や居住後の不安、要望に関しては真剣に受け止めできる限りの対応に努めたい。
・開発の関係では、一定の条例法律に沿って適切に審査なされたものであれば、建築されていく。
・繰り返しになるが色んな不安があることについては一生懸命やっていきたいのでよろしくお願いします。

「地元地区の意向を踏まえ」ということがどうであったのか、要請してきたとされる「適切丁寧な手続き」は具体的にどう実現されたのかが、語られていません。工事と完成の予定の説明の後から、不安・要望に対応したいということで順番が逆です。問題ある市長の人権侵害発言については触れられていません。
アンケートの要望・不安について真剣な検討を加えた返事があるそうですので、そこに注目したいと思いますが、とにかく全てが後付けばかりです。

議員懇談会1日目の丹後町の様子などを伝えた、毎日新聞の記事も上げておきます。

7/30(木)朝

Original post in Facebook