2015-07-30

文殊さん定期報告432

★嵩上げパネル立つ!
★自衛隊工事、土の搬出本格化!
★本日、「宇宙と平和・国際セミナー」の経ヶ岬ツアー!!

本日7/31(金)で、米軍基地工事開始から431日目(1年と66日)、レーダー搬入より284日目、本格稼働218日目に入りました。

今朝は霞が薄くなり晴れた空になりました。猛暑の一日となりそうです。

米軍基地の発電機袖志側(東側)に白いパネルが建ち上がりました。3mから5mに嵩上げということです。この内側に吸音マットのようなものが貼られるのだと思います。
気になるのは色が白いということと、この高さで風対策は十分なのかということです。ここは強烈な風の吹く場所です。ヤワイものは持ちません。我々が心配すべきことではないのかも知れないけど気になります。
それと、九品寺参道側(西側)はどうなるのかということです。今のところ変化なしで、今日明日中にこちら側も似たようなものが立つとは思われません。
国道沿い東側の資材置き場には新しいクレーン車と新しいコンテナ2台と境界パネルや鉄鋼材など大量の資材が搬入されています。今日からの工事のものでしょう。
鉄鋼材は国道側広場のブロック塀に沿って並べられています。今後これがどうなっていくのかよく分かりません。

自衛隊側は、ダンプの進入道路がほぼ完成しています。土の搬出も盛んになってきました。道路側フェンスの上に網も張られています。
こちらの工事はこれから延々3年も続きます。

今日は「宇宙核兵器反対グローバルネット」という国際的な反核研究者の団体が、「宇宙と平和・国際セミナー」の一環として経ヶ岬を訪れる企画があります。
昨日より京都の同志社大学を会場に「ミサイル防衛」などに関わるセミナーが始まり、2日目の企画として今日は京都から日帰りで丹後へやってこられるということです。総勢40人程度、外国の方が30人程度、様々な説明には通訳がつくということです。
「憂う会」が案内をさせていただきます。

以下の日程ですので、参加可能な方、興味のある方はぜひご参加下さい。

11:30 丹後町道の駅「てんきてんき丹後」到着、休憩
11:45 丹後町地域公民館着 大ホールで食事等
12:20 「憂う会」など地元の人間と交流
13:10 九品寺参拝、現地観光、パフォーマンス
14:00 防衛局現地連絡所訪問
14:30 京丹後市基地対策室訪問
13:30 帰途へ

国際イベントは米軍だけのものではありません。

7/31(金)朝

Original post in Facebook