2015-08-01

文殊さん定期報告435

★自衛隊工事、やっと正規の標識を掲示!
★ご意見箱も登場!!
★基地広場の周縁に緑の新フェンス!
★大量の吸音シート!?
★島津、8/17からと言いながら・・!

本日8/2(日)で、米軍基地工事開始から433日目(1年と68日)、レーダー搬入より286日目、本格稼働220日目に入りました。

今朝は24度と比較的涼しい朝でした。
しかしこれから猛暑日になるのは確定という感じです。

昨日、自衛隊工事の入り口ゲート右側に建設関係の諸標識がようやく掲示されました。関係業者は6社(鶴美建設、山寅組、山崎工業、林建設、倉橋興業、新近畿ポンプ)。見えなくなっていた週間予定表もその前に移され、ご意見箱なるものも登場しました。ペンと用紙も傍に備えられています。
工事そのものは7月に入ってバンバン進んでいるのにどうして今頃になるのか疑問ですが、これで構えは整ったということになるのでしょう。米軍基地の工事にはこれが全くないわけです。

工事の方は、大型ダンプ6台が取り付け道路用の土を搬入していました。宇川の中をひっきりなしに走っています。これがずっと続いていきます。
敷地の海側には「沈砂池」(雨水と砂を貯めておく池)を掘っておられるようです。

米軍側は、広場の周縁に緑のフェンスが張られ、参道側は完全に閉鎖されました。広場の中には防音マットと思われるモノが大量に積まれています。これが、防音パネルやフェンスの内側に貼られていくのだろうと思われます。
お寺では発電機とレーダーサイトからの騒音は何も変わりません。
レーダーサイトの海側にも高い監視カメラが立っています。

島津の軍属居住地関係ですが、8/17より工事開始ということで、それまで動きはないのかと思っていましたが、8/31(金)にはもう始まって、建設関係の諸標識も掲示されました。先日の説明会の8/17からというのは、何であったのか。ここのやり方はいつでも既成事実が先ということのようです。

8/2(日)朝

Original post in Facebook