2015-08-05

文殊さん定期報告439

★今日は広島の日!
★「日本戦後史論」、グッド!
★基地が見えなくなってきました!
★自衛隊工事、ダンプのマナー悪し!
★府は防衛局へ「説明会」を強く要望!!
★10/31(土)に「いらんちゃフェスタ2015」!!!

本日8/6(木)で、米軍基地工事開始から437日目(1年と72日)、レーダー搬入より290日目、本格稼働224日目に入りました。

今朝も暑い。今日も全国的な猛暑です。
その暑さの中、70回目の広島の日です。
私たちは、この日の意味を改めて(被害も加害も含めて)噛みしめ、今月の文殊さんの言葉ではありませんが、ていねいに生きなければならないと思っています。

この70年を振り返るのに、最近出た「日本戦後史論」(内田樹、白井聡 徳間書店)は大変に参考になります。今常軌を逸したことをやろうとしている人達の本質がよく分かる本です。

米軍基地は、見え見えだった基地から、見えない基地にまた変わってきました。国道側周縁部の新しい柵が全部白いシートで覆われ道からも参道からもほとんど見えなくなりました。工事云々より見えなくすることがこの新しいフェンスの意味ではないかと思われます。昨日も書いたように発電気はマフラーが全く見えなくなり、どれだけ動いているのかが分からなくなりました。音は聞こえてきますが・・。

自衛隊工事は宇川の中を激くダンプが行き交うようになり、その運転マナーの悪さが話題になっています。スピードを出し過ぎ、車間距離を詰めすぎ、とてもうるさいし危ないということです。

島津の工事はやはり続いています。昨日はU字溝の工事も始まりかけていました。

昨日、対策室は「説明会は必要ではない」と回答したと報告しましたが、京都府はそうは言っていないということが分かりました。7/28と8/4に府へ申し入れ、担当者と交渉した人達はそれぞれに「二期工事までに住民説明会をやるのは当然であるので、防衛局に強く申し入れをしている。」旨の回答を得ておられます。
また、安安連の情報開示について、対策室長は「今後議事のまとめを作っていきたい」などとのんきな回答をされていましたが、府は防衛局に議事録を作らせていて近々1回目の分から全部公開したいと言っています。

府と市のこのような対応の違いは一体どこから来るのか? 説明会も情報開示も、より住民に近く責任も重いはずの京丹後市の方が消極的です(やる気がありません)。トンデモナイことだと言わねばなりません。早急に対策室に確認し直したいと考えています。

8/4、8/5と京都府庁前でやられていた米軍基地反対の座り込みは若者から老人まで延べ30人以上が参加する大きな取り組みになり大成功しました。参加された皆さん、暑い中ありがとうございました。私たちの連帯と戦線は確実に広がっています。

少し先になりますが、10/31(土)に「いらんちゃフェスタ2015」をやることになりました。会場は居住地問題で揺れる京丹後市網野町でと考えています。昨年同様誰でもが参加できる企画にしたいと思っています。今から日程の調整をして置いて下さい。

8/6(木)朝

Original post in Facebook