2015-08-08

文殊さん定期報告441

★基地、参道側の防音フェンス工事始まる!
★自衛隊工事、真っ盛り!!
★島津の工事もドンドン進む!
★昨日、宇川で20件目の事故!!
★九品寺参拝者、多し!

本日8/8(土)は、米軍基地工事開始から439日目(1年と74日)、レーダー搬入より292日目、本格稼働226日目です。

今朝は曇り空で幾分過ごしやすかったですが、⒏時過ぎると相変わらずの暑さとなりました。今日は立秋です。

基地の工事、予想通り九品寺側に防音パネルの工事が始まりました。本堂裏の金網の向こうに新しく支柱を組む工事が進んでいます。これがずっと参道側まで続いていくという段取りのようです。その資材が参道側の金網に沿って並べられていました。

自衛隊側の工事も真っ盛りです。土を積んだダンプが激しく出入りしています。

島津の工事も続いています。こちらも日曜しか休みにならないそうです。

昨日午後3時半頃、宇川上野地区の例の魔のカーブでまた事故がありました。おそらく通算で20件目(米側加害15件)だと思われます。基地側から走ってきたシェネガのワゴン車(15時交代の帰りの便の1台か・・)がカーブ左側人家のコンクリート壁に接触したということです。ここは過去にも事故があり、先日来の自衛隊工事のダンプ対策として誘導員が3名も付けられているいわくつきの場所なのですが、また繰り返されました。警察がたくさん来てけっこうな騒ぎとなったようです。対向車があってのことなのか、詳しいことは分かりませんが、どんな運転をしているのかと言わねばなりません。

このところ立て続けて、文殊さんにお参りをして付近の観光をしたいという方々が宇川を訪れておられます。多くの方にこの基地を知っていただくことはとても重要なことでありありがたいことです。
ご案内させてもらうこともあり、そんな折に皆さんが異口同音に言われるのは、「こんなにきれいなところに、こんなヤバいものが・・、知りませんでした」ということです。

近畿に唯一の米軍専用基地、今の戦争法案の行方によっては、我が国に直接関わる最前線の軍事基地となります。
戦争法案が成立するとこの基地の重要性は0が1つ増えるほどの意味を持ってくると思われます。
この基地にご遠慮いただくためにも、戦争法案は廃案にしなくてはなりません。
今全国で澎湃として起こっている戦争法案阻止の運動の一翼を私たちも担っていると実感します。

8/7(金)昼

Original post in Facebook