2015-08-09

文殊さん定期報告442

★今日は長崎の日。
★防音フェンス工事、そのまま。
★自衛隊工事、残土は峰山町の長岡辺!
★丹後の戦争展、盛会!

本日8/9(日)は、米軍基地工事開始から440日目(1年と75日)、レーダー搬入より293日目、本格稼働227日目です。

昼間の暑さは強烈ですが、朝夕が涼しくなりました。昨夜は少し寒いくらいでした。

今日は長崎の日です。
「日本国憲法」の前文には、「政府の行為によって、再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意し、この憲法を確定する。」と書かれています。アジア・太平洋戦争の日本の犠牲者は310万人と言われますが、そのうち200万人はもう絶対に勝てないと分かった最後の1年に犠牲となって(殺されて)います。もうどうやっても勝てないと分かっていながら、その事実をウソの大本営発表で国民に知らせず、ただただ死者を増やしていった。それが「政府の行為による戦争の惨禍」ということです。
その200万人の中に長崎で犠牲になった7万人もおられる。
そこへ、戦争法制をひっさげて安倍首相がご挨拶に行かれる。それは慰霊からはほど遠い。
逆に犠牲者の御霊を冒涜するものではないか。
正に「倫理上許されない」行為です。

米軍基地は、防音フェンス工事が途中の状態です。今日はお休みということで、崖先ではレイセオン関係の人達が朝からBBQの準備などをしておられました。
設置中の防音フェンスは、騒音もさることながら、文殊祭の参加者から基地の姿を隠すことこそが目的であるように思われます。

自衛隊側は相変わらずの残土搬出です。この残土、昨日は峰山町長岡の「峰山福祉会」さんの近くの広大な土砂置き場に運ばれていました。黒土の大きな山ができています。

峰山の農民連さんの車庫を利用して、今「平和のための戦争展」というのが開かれています。戦後70年経って丹後の方々の当時の様々な物品が展示され、歌声や戦争体験を聞く会なども平行して企画されています。その一角に、宇川の米軍レーダー基地問題を紹介したコーナーがあり、注目を集めています。「憂う会」の活動もよく分かります。
今日が最終日ということですので、行ってみたいと思われる方は今日中です。
場所は峰山の駅裏通りで、王将の並びの少し間人側です。看板などが出ていますので近くへ行けばすぐ分かります。

8/9(日)朝

Original post in Facebook