2015-08-10

文殊さん定期報告443

★防音フェンス工事、進む!
★自衛隊工事、真っ盛り!
★昨日、宇川の海にヘリ!
★8/7の事故、当人の謝罪もないのか!?

本日8/10(月)は、米軍基地工事開始から441日目(1年と76日)、レーダー搬入より294日目、本格稼働228日目でした。

今日も暑い一日でした。
田んぼの緑が心持ち黄色がかってきたような気がします。朝夕にはその田に入って稗を取る人の姿をよく目にします。
盆前であちこちの草刈りがなされて、どこの墓地もきれいになってきました。

米軍基地は、休日で中断していた本堂裏からの防音フェンス工事が進んで、金属の支柱が坂の中腹まで組まれてきました。ここに防音と書かれた灰色のシートが張られていくようです。
それ以外にもいろいろと作業がされているようで、工事関係者や関係車両がひっきりなしに動いておられました。

自衛隊の工事もダンプによる土の搬出を盛んにやっておられます。赤茶色の土の山はここを掘ったものか、外から運んできたものかよく分かりませんが相当に大きなものとなっています。
先日ダンプの運転マナーが悪いと書きましたが、その声が届いたのか、宇川の中を走る時は相当に気を使って走っておられるような感じがしてきました。1回に積む量と走るスピードを抑えておられるようです。とにかく十分に気をつけていただきたい。

昨日、午後3時から4時頃、ヘリコプターがやって来て久僧の海の上を盛んにホバリングしていました。海の事故でもあったのか、海上には海上保安庁の大きな船も来て、小さな船で何か探しているような感じでした。
宇川の海の上空は言うまでもなく、米軍レーダーの飛行制限空域です。ヘリの飛んでいる間、レーダーの停波はなされていたのか。先日(7/26)の自衛隊のヘリ試乗遊覧の時と同じで、発電機もレーダーサイトも音は何も変わっていませんでした。
「止めてます」と言われても、電磁波は目に見えないので、止めたのか、止めなかったのか、確認のしようがありません。

8/7のシェネガのワゴン車の事故ですが、対向車として大きめの車が来たので左によけたら塀に接触したということです。相当大きな音がして、塀に傷がついた。車の方はけっこう壊れていたとのこと、見られた方から聞きました。
あのカーブは、地元では高田橋を通っているときに家の先のカーブを視認して大きな車を確認したら、ゆっくり入るというのが常識の場所です。
被害を受けた方は、昨年の11月にも同じような事故がありこれで2度目。それなのに当の運転手が謝罪にも来ないと立腹しておられる由、米軍と防衛局の姿勢が問われます。

8/10(月)夕

Original post in Facebook