2015-08-16

文殊さん定期報告450
★小雨の盆明け
★全部の工事、再開!!

本日8/17(月)で、米軍基地工事開始から448日目(1年と83日)、レーダー搬入より301日目、本格稼働235日目に入りました。

昨夜から雨です。今朝も曇り空、小雨、盆が終わり、8月ももう後半となりました。

盆休みが終わって、今日からどこの現場でも工事の再開です。

米軍基地では、防音フェンスという目隠しフェンスの向こうで、様々な工事がやられます。防音フェンスは穴文殊祭までのものですが、あれで完成ということなのか、よく分かりません。ただ、強風が来るととても脆いように思われます。
発電機の嵩上げ部分も参道側は同じ防音シートが張られただけのように見えますが、やはり風には弱そうです。

その発電機ですが、嵩上げによってマフラーが見えなくなり何台動いているのかは分かりません。音も籠もった感じのものになっていますが、何だか前と違う音が混ざって聞こえる気がします。低周波も心配です。
レーダーサイトの方の音は、防音シートの効果は全然なく益々強烈になっています。米軍はここの防音対策を検討中とのことですがその動きは全く見えません。

自衛隊工事に取り付けられた、騒音、振動計は工事の休みの日も朝8時から稼働していて、昨日の夕方には騒音60(ホーン?)という数字が出ていました。自衛隊工事はやってないので、米軍基地からの音がここで60というふうにも取れます。九品寺の本堂の70以上は確実という感じです。

自衛隊の工事は、残土の搬出がドンドン進むということになります。掘り下げられた茶色い土の大きな山が外へ運ばれていくということのようです。宇川から峰山へのダンプ街道が復活します。

島津の工事は、今日から「基礎工事」なるものに入る予定です。「準備作業」なるものが本格工事と何も変わらない状況でしたので、相当気合いを入れた急ぐ工事が予想されます。安全対策の約束がしっかり守られるか、監視の目を厳しくしなければなりません。
ここの事に関わる島津の皆さんの思いはその後どうなのか、情報が分かる方は教えて下さい。市に対して副市長の約束を早くやらせるように督促しなければなりません。

とにかく、盆が開けてあらゆる事が再稼動(国も沖縄も)です。アンテナをしっかり張って向かって行きましょう。

8/17(月)朝

Original post in Facebook