2015-08-17

文殊さん定期報告451

★文殊さん、お祭へ向けて境内の草刈り!
★米軍基地、新しいフェンスにも「WARNING」!
★自衛隊工事は掘って、運んで・・。
★島津は工事内容「無名」のまま昨日からフル稼働!

本日8/18(火)で、米軍基地工事開始から449日目(1年と84日)、レーダー搬入より302日目、本格稼働236日目に入りました。

昨日は一日雨模様で、暑さを凌ぎやすかったですが、今朝はまた日差しが厳しくなりました。
田圃の色が日一日と黄色くなっていきます。

昨日、8/24の穴文殊祭へ向け、境内の草刈りが行われ全体がきれいになりました。関係の方ご苦労様でした。本堂裏の金網沿いまできれいにしていただいています。防音シートで向こうが見えないのが残念です。

昨日けっこうな雨の中で、米軍基地では新しい周縁フェンス(例の緑と白のやつ)の所々にも金網に設置されているのと同じWARNINGの警告看板が設置されました。要するに「ここは米国・米軍の支配地である。侵入者は処罰する。」というものです。これまではコンクリートの壁にチョコっと書いたものを張っていただけだったのですが、これで、割と制限の緩かった国道側の広場も金網の中と同じレベルのエリアになったということのようです。
二期工事に向けての布石ということでしょう。
お祭り参拝者への示威行為なのかも知れません.。

国道側からのゲートでは中央の警告板が中から国道沿いに移されています。

二期工事の布石なら、そのための安全対策を現地住民に説明会を開いてしっかり文書で示すことが先決ですが、そちらの方の話はトンと聞きません。

自衛隊の工事は、掘って運んでということを継続してやっておられます。

島津の工事は、昨日朝8時には、作業員10数名、たくさんの重機が動き出しました。
ここの現場には、工事の名称や内容、連絡先が全く示されず、不思議に思っていたのですが、昨日その関係の方に聞いてみたところ、「公共工事ではない(民間の工事な)のでそういうものは要らないのです」ということでした。
詳しい規則や条例は知りませんが、作られている物の事を考えると、何ともわりない感じがしました。これは、島津の皆さんに対する市の姿勢(住民の意向云々よりとにかくまず作る)がそのまま出ているということを感じます。
住民の方々の不信の増大に繋がらないよう市は最大限の努力をしなければなりません。

8/18(火)朝

Original post in Facebook